第三夫人と髪飾り

http://crest-inter.co.jp/daisanfujin/
監督 アッシュ・メイフェア
出演 グエン・フォン・チャー・ミー トラン・ヌー・イエン・ケー マイ・トゥー・フオン(Maya) グエン・ニュー・クイン

“女の一生”ではなくて“女の三生・四生”とか“女たちの生・性”の、お話。
19世紀北ベトナム、大地主の家に、第三夫人として嫁ぐ14歳の娘。
第二夫人は男子を生んでいないので、奥様とは呼ばれない。
まだ子どものような第三夫人メイに、第一夫人も第二夫人もやさしく指導してくれる存在である。性についても。

大奥のような女の闘いはひそかなところに隠れていて、夫人たちは協力し合いながら生活している。そうせざるを得ないほどに女の仕事は多い。

メイの視点から描かれる物語。恋愛している使用人同士の性交シーンを目撃する。女は妊娠し、髪を剃られて寺に入り、相手の男は叩かれて追放される。

美しい第二夫人には知られるわけにいかない秘密がある。

美しい渓谷、水辺の風景の中で、水浴びする女たち。

女性の監督、そしてトラン・アン・ユン監督が美術監修。
この人知ってる、と思う年配の女優さんとか、なんだか見覚えがあると思う俳優さんが出ていたのだが、なんと、第一夫人がそのトラン・アン・ユン監督『青いパパイヤの香り』などでおなじみのトラン・ヌー・イエン・ケーであることに気づかずに観ていた。
日本でも沖縄とか奄美とか南のほうでは働き者の女たちと怠け者の男たち、と言うことが多い気がする。
あの息子、何か仕事してたのか?

とにかく、とても美しい、なかなかにエロティックなシーンもある、でも現代の女性の監督が描くとこうなる(どうなる?)作品。その官能描写により、東南アジアでは問題視されたというが、世界の各映画祭では賞を取っているとのこと。髪飾り?何か象徴的なものあったっけ?

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA