シャン・チー テン・リングスの伝説

監督 デスティン・ダニエル・クレットン
出演 シム・リウ トニー・レオン ミシェール・ヨー オークワフィナ

マーベルファンの皆様にはごめんなさい、わたくし映画館でマーベル作品を観たのはこれが初めてです。なのでテン・リングスが一体何なんだか知らなかったし、初めの方の中国語ナレーションを聞き取ろうと頑張ってたけどちゃんと聞き取れず、ちょっと曖昧な理解で始まりました。アイアンマンに出てきた?テン・リングス。

長年の我がアイドル梁朝偉トニーさんがこーんな映画に出る日が来るなんて!それで不要不急の最たる映画鑑賞へ。
数千年前のアジアのどこか、テン・リングスを手に入れて、永遠の命と強大なパワーを我が物とした男、シュー・ウェンウー、腕に5本ずつ嵌めた腕輪こそがそのテン・リングス。あっという間に時は移り、美しい女性に出会い、パワーを捨てて妻子と平和な家庭を築いていたけれど。

現代、シャン・チーは真面目なホテルマン、同僚女性ケイティは車を運転するとなると大変な暴走ぶりとなる。二人がバスに乗っていると、突然武装集団に襲われる。そこで、実は子供のころから武力・殺人術を叩き込まれていたシャン・チーはキレキレの格闘!
そして舞台は急にマカオへ。妹と再会するがまた謎の武装集団が襲って高層ビルの狭い足場で大格闘。えーと、今でも竹を組んだ足場を使っている?とにかく映画の中ではしなる竹組みの足場だった。

妻を失って復讐に燃える父、父から逃げ続けていた息子。

ふっふっふ、面白かったわあ。時々聞こえる中国語は残念ながら広東語ではなく北京語だけれど、香港カンフーアクションの香り、トニーさん楊 紫瓊ミシェール・ヨーねえさんのばりばりのアクション!おいくつになられたかと帰宅後お二人の年齢を確かめましたよ、1962年生まれ!
最後の字幕にベン・キングスレーとあって、はい?どれが?と思ってしまう始末でありました。
マーベルって映画館で観るものよねえ、そりゃわかってはいたけど。おそらくシャン・チー物も続編出来ますね、その節にはまた行きましょう。主役のシム・リウさんどこから湧いてきた人?

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA