香川一区

https://www.kagawa1ku.com/
監督 大島 新

前作『なぜ君は総理大臣になれないのか』は小川淳也議員の初出馬からの17年間を追った作品だったそうだが、残念、私は観ていない。いや本当に残念。なぜなら大概のフィクションよりずっと面白かったから、この「香川一区」。

あの初代デジタル改革担当大臣議員(四国新聞及び西日本放送のオーナー一族だって、マスコミオーナーが世襲って?)平井卓也氏は政治家3世でもある。その人と同じ選挙区で戦う小川淳也議員を中心に、平井議員や新しく同区で立った日本維新の会の町川順子氏の活動を追う。

どうすりゃ東大出てここまで愚直なほどの実直さで選挙に臨めるのか?どうやって育った?と思うのだが、そういうj人であるらしい。選挙活動に協力している女性が多い、まだ選挙権の無い高校生が応援しているのに対し、ちゃんと対応する。
そして与党の側の選挙運動は、ほぼ8割9割男たちで占められる。職場から動員される。後援者のオジサンは撮影カメラを排斥する。人権とかジェンダーとか、そんなものは文字でしかない言葉でしかない、選挙とは男の物だ!と、昭和な状況が展開される。

50歳になったら政治家を辞める。と言っていたという小川氏、まああと10年ほど延期してもらいたいな。とは言え、
、こういう人は、なかなか上に立つ人にはなれないのだろう。よほど優れたブレーンが着いても、厳しいかなあ。当選がが早々決まった後で、民主主義とは、勝った51の側が、負けた49の側をいかに背負うかだ、と語る小川氏。

大島新監督はあの大島渚監督のご子息なのだそうだ。知らなかった私が無知?かも。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA