画皮 あやかしの恋

画皮 あやかしの恋監督 陳嘉上ゴードン・チャン

出演 周迅ジョウ・シュン 趙微ヴィッキー・チャオ 陳坤チェン・クン 甄 子丹ドニー・イェン 孫儷スン・リー

中国清代の怪異物語『聊斎志異』の中の話を映画化。ドニー以外、メインキャストは大陸の俳優だが、香港の監督ゴードン・チャンの手によって、香港映画!な雰囲気。

周迅演じる小唯は、妖魔であり、人間の心臓を食べて妖魔としての能力を保つ。それが、陳坤演じる王生に惚れました。王生の妻・佩蓉(趙微)から妻の座を奪い取ろうと画策。

そのあやしさ、いろっぽさ、周迅すごい。ほかの女優がこの役をやったとしても、まず及ばないだろう。かつての香港映画『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』が思い出されるストーリーだが、ジョイ・ウォン王租賢の美しさは比類も無かったけれど、いやいや、なりきり周迅妖魔の蠱惑に勝てる男がいるのか?いるんだなあ、王生!確かインドの血が流れている陳坤です。「小さな中国のお針子」でも周迅と共演していたね。

妻・佩蓉は、ずっと小唯を妖魔と疑っている。心臓をえぐり取られて殺される事件が頻発しているのだ。王生が小唯に魅かれている気配も感じている。うーん、かわいそうな役をやるようになるなんて、趙微!と、思ってしまうよ。当時中国の女優には珍しい、大きな目の派手な顔立ちの新人だったのは、90年代シッポのころか。その趙微が「少林サッカー」で扮していた汚い女の子(あそこまで汚くは無い)を彷彿とさせる出で立ちなのが、ドラマ「宮廷の諍い女」の孫儷。降魔師(の卵)。

で、その駆け出し降魔師と組んで妖魔と戦うことになるのが、甄 子丹ドニー演じる龐勇(パンヨン)。元将軍、佩蓉の元彼。

トカゲの化身?チー・ユーウー(威玉武)というはじめましての(私には)俳優が、小唯のパシリな役で出てきて、これが若い吉川晃司か、みたいな格好。カッコはすごいが、不憫不憫。大陸の俳優?にしてはあの扮装・・・。なにじん?

えーと、確かキツネの化身のはず、なんだけど、どうしても妻の座どころか妾の座も勝ち取れない小唯が、佩蓉に向かって人間の皮を剥いで見せる姿を映画館で観なくて良かったかも。あれはわざと幻影を見せた?そしてそして、かわいそうなは佩蓉。

後半、ドニーさんチャンチャンバラバラ、やっとご活躍。「俺ごと刺せ!」

評判良かった2010年映画を、DVDとはいえやっと見ましたよ。私は好きですよ、この映画。

周迅結婚おめでとう!アーチー・カオというアメリカ在住俳優の名前覚えておこう。

atconさんのような金城武ファンではあるが中華な映画のファンではない方、周迅は「ウィンターソング」で、ドニーは「捜査官X」で知ってるよね。

コメント (3)

atcon2014年8月1日(金曜日) at 10:14 午後

私は金城武ファンでもあるし中華な映画のファンでもあるのですが、俳優の名前とか顔とかはあまり覚えられません。人の顔を覚えるのは不得意です。
中華圏の名前は覚える前に読めません。
俳優の名前およびその出演映画を記憶しているああるさんは、私から見れば特殊能力の持ち主です。
今、「ドラゴン・タトゥーの女」を読んでいます。スウェーデンの名前も厳しいですね。登場人物リストを何度も参照しながら読んでいます。本は文句なく面白いです。

aar2014年8月2日(土曜日) at 7:59 午前

私にとっては、atconさんのPC関係の、最近ので言うとブログの更新情報に関する記事など、小さな神の領域。目を通してもあー無理。
ねえ、ミレニアムの面白さったら無いよね。

atcon2014年8月3日(日曜日) at 12:52 午前

ミレニアムは最初の1ページ目から、ワクワクさせてくれますよ。
面白い本を読んでいるときは、ほんと幸せ!

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA