激戦 ハート・オブ・ファイト

激戦

か監督 林超賢ダンテ・ラム

出演 張家輝ニック・チョン 彭于晏エディ・ポン 梅婷

ん?こんな映画を上映していたのか、と気づいたときは明日が最終日、だった。その最終日、観客二人。

いい映画なんだよお!私は総合格闘技なんて何の興味も無いが、それ以外の部分のそれぞれの人物の背景がちゃんと描かれているし、映画の初めからちゃんと引き込まれる作り。

中国の大富豪の御曹司で、雲南など辺境の地を歩き回っていたスー・チーだが、ある日、親の破産を知る。かつて香港でボクシングのチャンピオンだったファイは、八百長に加担し、今はマカオでジムの雑用をしている。ファイが間借りした家には、クワンとシウタン母娘が住んでいるが、母のクワンは、離婚後、幼い息子を風呂で溺死させてしまった過去を持ち、精神が不安定である。その分、シウタンが子供ながらに母をかばってしっかり者。

酒におぼれる父の面倒を見る日々、総合格闘技で金を稼ぐためにジムに来たスー・チーは、ファイが元ボクシングチャンピオンであると知って、指導を仰ぐ。

実際、9か月肉体訓練をしたという張家輝と彭于晏の身体がすごい。私は総合格闘技に何の興味も無いが、生半可な訓練ではこんなことはやれない。流血格闘シーンが苦手な人(atconさんとか)は何度も目を覆うことだろう。

香港版ロッキー?いやいや、私はチャップリンと感じた。この役を15年前のジャッキー・チェンがやったら我が鹿児島でも人が入っていただろうな、と思うが、もう少しベタな感じの仕上がりだったんじゃないかな。シウタン役のクリスタル・リーが、まあ名子役さん!

北京語で話しかけて広東語で答える。それで会話が成り立っている。実際に、今の香港マカオ界隈ではそんな感じなんだろうなあ。聞き取りはできて、話すことはうまくないから母語で、って。

エンドロール字幕にジャック・カオさんの名前、どこに出てた?古い役者さんも見落としたか。若いアクション俳優の顔をちゃんと覚えてないばかりでなく。

誰かスタッフに中華圏の映画が好きな人がいるんですか?天文館シネマパラダイスさん。あと香港の『スペシャルID』とチャン・イーモウの『妻への旅路』が予定されているから少なくともそれまでは存続している…長生きしてくださいね!

コメント (2)

atcon2015年3月1日(日曜日) at 12:20 AM

流血格闘シーンは無理だけど。「ロッキー」的でないってところが、面白そうな映画ですね。

今はまだ椅子に長く座っていられない体になっちゃって・・・トホホな毎日です。

aar2015年3月1日(日曜日) at 1:00 PM

「サウンドオブサイレンス」の。女性歌手がゆったりとうたうバージョンが効果的です。字幕で歌詞をちゃんと知って、ああこんな歌だったんだと今頃知る。
まだ椅子に長く座れない?ほんとにヨガの出前に行きましょうか?

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA