WordPressのマルチサイト機能で複数サイトを作る


先月、『ギャラリーをWordPressでリニューアルしました。』に書きましたが、リニューアルに利用したWordPressのマルチサイト機能についてメモしておきます。忘れないうちにメモするつもりが、なんだかんだと時間が経ちすぎて、もはや記憶があいまい。下記のサイトを参照しつつまとめてみます。

※参照サイト:「ちょんまげ英語塾」「WordPressのマルチサイト機能で複数のブログを管理する」

マルチサイト機能は、WordPress3.0以降から対応。WordPressを1個インストールして、そこに複数のブログサイトを作ることができるものです。

私は今使っているWordPressブログとは別個に、ギャラリーサイトを作りたかったので、新しくWordPressを1個インストールしました。それをマルチサイト化して、それぞれデザインの異なるブログサイトを4個作成することにしたのです。手順は以下の通り。

1.まず最初に「サブドメイン形式」にするか「サブディレクトリ形式」にするか決めておく

これは新しく設置するWordPressのURLをどうするか、ということです。あとから変更ができないため予め決めておく必要があります。

「サブドメイン形式」の場合

サブドメインの取得は、レンタルサーバー側で設定をする必要があります。
当サイトの独自ドメインは『http://art-container.net/』ですが、ロリポップサーバーの場合、独自ドメインを取得しているとサブドメインを数多く作成できます。
「サブドメイン形式」にした場合、

URLは『http://〇〇〇.art-container.net/』(〇〇〇は任意の名前)

となります。検索エンジンはこれを独立したサイトと見なし、SEO的には有利である、らしいです。

「サブディレクトリ形式」の場合

新たにWordPressをインストールし、フォルダ名を任意の名前に変更して、サイトのルート上に置けば作成できます。
当サイトの場合、フォルダ名をgalleriesとしたので、

URLは、『http://art-container.net/galleries/』となります。

※「サブドメイン形式」にしろ「サブディレクトリ形式」にしろ、利用しているレンタルサーバーの機能に必要な条件があります。詳しくはWordPress Codex 日本語版の「ネットワークの作成」を参照 (http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90

2.WordPressをインストールする

2-1. 「WordPress.org日本語」(http://ja.wordpress.org/)から最新版をダウンロードします。(2013年7月時点では日本語ヴァージョンは3.5.2でした。8月現在は3.6。進化のスピードが加速している!)

2-2. ダウンロードしたzipファイルを解凍して展開します。フォルダ名が「wordpress3.5.2ja」となっているのを任意の名前に書き換えて、サイトのルート上に置き、フォルダごとサーバーにアップします。

2-3. http://yoursite(サイト名)/example(デレクトリィ名)/にアクセスします。
下記のメッセージが出たら、『設定ファイルを作成する』をクリックします。

02

2-4. データベース等の設定をします。
03

2-5. 『さあ、始めましょう!』をクリックして、データベース等の設定ファイル作成画面に進みます。

4-1全ての項目に自分のデータベース情報を入力します。
データベースの接頭辞は既存のwordpressと区別が付くような名前にします。当サイトの場合は、wp_gall_と設定しました。

2-6. 『送信』をクリックしてインストール画面に進みます。
05

2-7. 『インストールの実行』をクリックして、サイト情報の設定画面に進みます。

062-8. 必要情報を入力し『WordPressをインストール』をクリックして、ログイン画面に進みます。
上記で設定したユーザー名とパスワードで、サイトにログインします。

2-9. ログインすると管理画面(ダッシュボード)が開きます。この段階では、まだマルチサイト機能は有効になっていません。

09
3.マルチサイト機能を有効にする。

マルチサイト機能を有効にするには、wp-config.phpにコードを追加する必要があります。
wp-config.phpファイルは、WordPressのインストール時に自動生成されるものです。
wp-config.phpを開いて、任意の場所に以下のコードを追加します。
任意の場所と言っても、wp-config.phpの下から6,7行目辺りに書かれている
/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。*/
という行より下に書いてはいけないようです。
追加するコードは以下の1行。

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);


4.ネットワークの設定をする。

コードを追加したwp-config.phpをサーバーにアップすると、管理画面のツールに「ネットワークの設置」の項目が追加されます。

10「ネットワークの設置」をクリックして、「Wordpressサイトのネットワーク作成」に必要事項を入力し、『インストール』をクリックします。

11『インストール』をクリックするとwp-config.php.htaccessに追記するためのコードが表示されます。.htaccessファイルもwp-config.phpと同様にWordPressのインストール時に自動生成されるものです。
追記するコードの内容は各自サイトによって多少異なります。

14に表示されているコードを wp-config.php ファイルの、
/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。*/ という行より上にコピー・ペーストで追加します。

に表示されているコードを.htaccessを開いて追記します。
追記というより# BEGIN WordPress~# END WordPressの間を上書きする感じです。

<br />
# BEGIN WordPress<br />
RewriteEngine On<br />
RewriteBase /サイト名/ディレクトリ名/<br />
RewriteRule ^index\.php$ - [L]</p>
<p># add a trailing slash to /wp-admin<br />
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?wp-admin$ $1wp-admin/ [R=301,L]</p>
<p>RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]<br />
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d<br />
RewriteRule ^ - [L]<br />
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(wp-(content|admin|includes).*) $2 [L]<br />
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(.*\.php)$ $2 [L]<br />
RewriteRule . index.php [L]<br />
# END WordPress<br />

以上のステップを完了し、wp-config.php.htaccessをサーバーにアップします。
一度サイトからログアウトし、再度ログインすると、「サイトネットワーク管理者」という項目が追加されているのが確認できます。

15「サイトのネットワーク管理者」の「サイトを追加」画面から、いくつでもブログサイトを作成することができます。
16


5.マルチサイト(ネットワーク化)の注意点

テーマ やプラグインのインストールはすべて、まず「サイトネットワーク管理者」の管理画面で行います。各サイトのテーマやプラグインは個別に有効化し設定します。

※蛇足ながら付け加えると、WordPressのインストールやネットワークの設定に失敗した場合、新しく作成したフォルダごと削除して最初からやり直せばよいのですが、データーベースにも新しいデータが残っているので、これも必ず削除する必要があります。
データベースのデータを削除した場合、必ずデータベースの再起動(一度ログアウトして、再ログインする)をすることも大事です。
これを怠ったために、私は以下のような注意を受けることとなりました。

07

コメントはこちらから

お名前は必須項目です。

CAPTCHA


画像を添付できます(JPEGだけ)