タグ別アーカイブ: TOMOKO・T・TORIBATTA

「第1回枕崎国際芸術賞展」に通畠朋子さんが入選しました!

枕崎市が今年から開催する「枕崎国際芸術賞展」。その記念すべき第1回目に、当サイトでご紹介しています通畠朋子さんが入選されました。
おめでとうございます!

「枕崎国際芸術賞展」は、

「国内・国外を問わず広く作品を募集することにより,優れた作品の発表と鑑賞の場を提供し,芸術文化の発信地として,国際文化交流と地域文化の向上を図る」

というもの。

展示会期:平成28年7月18日(月・祝)~9月4日(日)
展示会場:枕崎市文化資料センター南溟館

詳細はこちらから→第1回目の現代美術の国際公募展「枕崎国際芸術賞展」

会期も長く、私も観に行くことができそうなので、今から楽しみです。
makurazaki

枕崎市のウェブサイトによると、7月24日(日)には、南溟館でアートマーケットも開催されるようです。
南溟館アートマーケット

「雛もいる手仕事展」今日から開催です。

「雛もいる手仕事展」が、今日から[ギャラリーときどき]で開催です。
午前中2時間ほど見ている間に、次々売れていましたよ。

参加者の作品を少しだけピックアップしてご紹介します。
まずは、案内状には記載されていなかった、(遅れてきた参加者)下津眞治子さんの布やニットの小物。
G-DSC03371ユニークな表情のパグやテディベア、布のコサージュは、通畠朋子さん。

G-DSC03351G-DSC03355

 

 

 

自家製の「バラの幸せポプリ」は、上ノ原杏さん。G-DSC03356

こちらの人形たちも、かなりユニーク。品田心さん。
G-DSC03348
G-DSC03336

革のバッグ、ルームシューズは山田利喜子さん。(この白いバッグは朝一番に売れました。)
G-DSC03330G-DSC03334

陶器のランプは特別参加、(故)山田利矢さん。
akari02カラフルな鍋敷きは、私のパッチワークです。
g-tokidoki06

写真のほかにも革の雛飾りや陶器のお雛さま、パッチワークのなべつかみ、猫のイラストレーション、革のルームシューズ数足などなど、写真がうまく撮れなくて割愛いたしました。
「雛もいる手仕事展」は2月28日まで開催です。
どうぞご覧ください。

我が家de個展 ギャラリーときどき
鹿児島市薬師2-16-18
TEL:099-255-5575

『猫展』-平面と立体-開催のお知らせ

2016年2月17日(水)~2月28日(日)
am11:00~pm6:00
会期中無休(最終日5:00)

27人の作家たちによる「猫」にちなんだ展覧会です。
当サイトでご紹介しています、通畠義信さん、TOMOKO・T・TORIBATTAさん、山田利喜子さんが出品致します。是非ご覧ください。

img005

《2月22日は、「猫の日」》
この日にちなみ猫をモチーフとした作品を集め「猫展」を開催いたします。
可愛らしい猫、凛とした猫など作家の愛情こもった猫たちが皆様をお待ちしております。
(案内状より転載)

ギャラリー白樺にて
鹿児島市泉町14-9
TEL/099-226-4518

「雛もいる手仕事展」開催のお知らせ

2016年2月19日(金)~2月29日(月)

11:00am~5:30pm

img004

『我が家で個展 ギャラリーときどき』の3回目の展示会が開催されます。
今回は『ギャラリーときどき』オーナーの呼びかけで集まった者たちのグループ展になります。
ハガキに掲載されているのは特別参加の故山田利矢さんを含め6人ですが、オーナーによるとハガキ作成後に一人追加参加があったとか。
素材は布、革、ポプリ、陶器など。小物中心の展示会になりそうです。
オーナー曰く、「珈琲店変わりにお気軽にどうぞ!期間限定オープンの自宅ギャラリーです。」とのこと。
皆さまのご来場をお待ちしています。

我が家de個展
ギャラリーときどき

鹿児島市薬師2-16-18
TEL:099-255-5575

「通畠義信・朋子二人展ー彫刻と絵ー」行ってきました!

22日、「通畠義信・朋子二人展ー彫刻と絵ー」に行ってきました。
鉄の作家、通畠義信さん(T/義信さん)は鉄を使った作品と石の彫刻作品を出品。版画家の朋子さん(T/朋子さん)は今回、「西脇市サムホール大賞展」に出品した紙素材の立体作品9点と鉛筆画2点を展示。
異素材の立体作品の数々が見事に融合して、とても見応えある空間をつくりあげていました。

まずは、ギャラリーを入って真正面、T/義信さんの舟シリーズの新作『Shelter boat』 。どの角度から見ても美しい存在感のあるフォルムに圧倒されます。

09

1110

上: 『Shelter boat』  彫刻・鉄 ¥270,000

0112

上左:『長い虫』 彫刻・鉄 ¥50,000   上右:『漂泊』 彫刻・鉄 ¥20,000

0407
上左:『舌の孤独』 彫刻・石 ¥220,000  上右:『人差し指の孤独』 彫刻・石 ¥180,000

1516
上: 『峡谷』 彫刻・石 ¥150,000

14

13

上: 『停車場-虫-の孤独』 彫刻・鉄・石 ¥40,000

17000

 

 

 

 

 

 

上左: 『ベイビースフインクス』 彫刻・石 ¥25,000
上右: 『夢の街が見える丘の上の彫刻』 アクリル画15号 ¥150,000

T/義信さんの鉄の特徴として「サビ」があると、私は考えているのですが、T/義信さんもよく「鉄の作品を錆びさせるのは何故ですか?」と聞かれるそうです。そんな時、「答えるのが面倒で、仕上げが面倒だから、って言ってしまうけど、実はサビ仕上げの方が手間がかかるんですよ。今回制作した『Shelter boat』は、サビ仕上げがうまくいった作品」と話していました。
答えるのが面倒で、というのは彼流の照れに違いないのですが、『Shelter boat』は薄い鉄板を溶接していき、大きくて軽い舟の形になった作品。
風化させてサビの様子を見ながら、またはいろんな技法でもってサビを早めたりしながら、風化という「時間」を作品の中に取り込んでいる。それがT/義信さんの作品の大きな魅力でもありますね。

さて、ここからはT/朋子さんの作品をご紹介します。
版画をベースにコラージュした立体作品は、「西脇市サムホール大賞展」に出品したものです。

01昨年は「第10回西脇市サムホール大賞展」大賞受賞。という快挙をなし遂げました。
美術館買い上げとなった受賞作品の他に2点、既に売れてしまった出品作品もあり、今回9点の作品展示になりました。

西脇市サムホール大賞展は一人3点まで出品できるので、常に3点の作品を同時進行で制作していたそうです。
3点には共通のテーマがあるものの、イメージや手法はそれぞれ異なっています。
「作品を作る上で自分で作品をコントロールしているようでコントロールされていない部分を、自分自身が楽しみながら制作していた」とギャラリートークで語っていましたよ。

0001

2828-2

上:『カクティダンスⅠ』 ミクストメディア ¥50,000

2727-1

上:『虹色製造工場』 ミクストメディア ¥50,000

2626-1

上:『カクティダンスⅢ』 ミクストメディア ¥50,000

2525-1
上:『夢屑旅行』 ミクストメディア ¥50,000

24

24-1

上:『メビウスの従姉妹』 ミクストメディア ¥50,000

2323-1

上:『カクティダンスⅡ』 ミクストメディア ¥50,000

2222-1

上:『ミルキーウェイ氾濫』 ミクストメディア ¥50,000

2121-2

上:『誕生Ⅲ』 ミクストメディア ¥50,000

20-220-3

上左:『誕生Ⅱ』 ミクストメディア ¥50,000  上右:側面

1819

上左:『花たちの名前』 色鉛筆画 ¥10,000   上右:『赤い言葉』 色鉛筆画 ¥8,000

0003

『コサージュ』 布シーチング

T/朋子さんは、「特に版画にこだわらず、その時その時の自分の想いを形にしていきたい」と言い、「今は版画から他の手法に移るかもしれない」との考えもあるそうで、今後どのような作品が生まれるか、私も楽しみに見ていきたいと思っています。

最後にギャラリーオーナーから「今後の抱負」を尋ねられたお二人。
T/朋子さんが、「作品をずっと作り続けていく。やめることは全く考えていない。きっと死ぬまで作品づくりを続けていくと思います。」と話すと、T/義信さんが、「妻に同じ。やめる時は自分がダメになったときさ。ハハ(笑)」とこれまた照れくさそうに。

後日、T/朋子さんに、「扱う素材は鉄と紙と全く異なるけど、夫婦で同じ方向を見ているって素敵ね」と私が言うと、「異素材とは言えない」と意外な答えが返ってきました。
銅版画は紙にプレスするまでは、ずっと銅板に向かい合う作業になるので、実は「金属つながり」のお二人でした。

12月1日まで開催しています。ぜひギャラリーに足を運んでいただき、作品をご覧ください。

 2015年11月20日(金)~12月1日(火) (木曜日は休みです)

11:00~17:30 (最終日:16:00)

ギャラリーセージ/http://www.gallerysage.jp/
〒890-0041  鹿児島市城西2丁目10-22
TEL 099-210-5802