鹿児島弁「白雪姫」!笑えます!

今日、職場で休憩中に、鹿児島弁の「白雪姫」を鹿児島弁の上手い人が読んで聞かせてくれました。みんな大爆笑。
ネットで検索すると、いろんな人がブログで紹介しているようです。オリジナルがどれなのか分からなかったので「おんじょといの小屋」というサイトから紹介させていただきます。「おんじょといの小屋」では、音声も聴けますよ。

「鹿児島弁白雪姫」

おきさっどんが
「かがんよかがん、世界でいっばんみごちとはだいやろかい」
ち、たんぬれば、かねちゃ
「そあ、おはんがいっばんよかおごじゃっとよ」
ちゆぅ魔法のかがんに、かねっのっごっ たんねたなあ
「そや、白雪姫やらせんどかい」
ち、かがんがゆたなあ
「なんちな!?」
お妃っどんがはらけっかぎぃはらけっせえ、森んなけ小人んしと仲ゆ住んじょらった白雪姫がとこいっせえ、毒の入ったリンゴをば持っ行かったげな。

「リンゴは要いやはんどか~い」

ち魔女ん真似をしたお妃っどんがさるっごったなあ、そけ白雪姫げえがあっせえ、庭の草取いをしごった白雪姫に
「リンゴはかまんや?」
ちゆわったげな。
「まこち、どいうんめかろそなリンゴやろかい」
ち白雪姫はそんリンゴをもろっかんだなあ、かんだいき ひっくかあらった。
小人んしが
「がっついこえなこっつあねかった。け死んやったとけ?
じゃったれば、今夜が本通夜で明日そしっじゃろなあ。
こげん良かおごを、ほんのこちあったらしこつしたなあ」
ちほろめっごったなあ、そけうんめ乗らった王子どんが通おいかからっせえ、
「うんにゃ、んにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃ!まこちぐらしかこつしたもんじゃ。おはんなないごてリンゴをかんだとお」
ちゆっせえ起そかいちしたなあ、白雪姫ん口っかいリンゴが飛っ出っ来っせえ、白雪姫が
「たひかったがこあ!あんねこっでけ死んとこやったが!」
ちゆたげなお
「おんじょといの小屋」から引用

他には「鹿児島弁、浦島太郎」もあります。これも爆笑ものです。興味のある方は検索してみてください。

「後ろ向きの歌」は後ろ向きじゃない

先月の話ですが、オープニングテーマの「後ろ向きの歌」が学校で流行っているんだよ、と小学生にお勧めされ、「泣くなはらちゃん」というドラマの最終回を観ました。
「後ろ向きの歌」は本当のタイトルを「私の世界」といい、「かもめ児童合唱団」が、かわいい歌声で歌っています。着うた配信サイトで1位になったりして、結構当時は評判になったらしいですが、世の中は常に前向きに進んでいくので、ドラマが終わるとまったく耳にすることもなくなりました。

YouTube Preview Image

「私の世界」 ♪  作詞:岡田惠和、作曲・編曲:井上鑑

世界じゅうの敵に降参さ 戦う意思はない
世界じゅうの人の幸せを 祈ります
世界じゅうの誰の邪魔もしません 静かにしています
世界の中の小さな場所だけ あればいい
おかしいですか? 人はそれぞれ違うでしょ? でしょでしょ?
だからお願いかかわらないで そっとしといてくださいな
だからお願いかかわらないで 私のことはほっといて

確かに「前向き」「積極的」「ポジティブ」とは言えない歌詞ですが、「前向き」でなければ「後ろ向き」と言うわけではない。
私にとっては「ニュートラル」な立ち位置の歌に思えます。
人の思惑に絡め捕られることなく、自力で生きたいと願っているだけ。
この位置から、時には前に行ってみたり後ろに揺れてしまったり、というのが、おおかたの人の日々の生活じゃないかなあと思うのです。

「前」か「後」の二方向以外に、世の中には、「上」か「下」かの方向も存在します。
たいていの人は「上」に行くことを熱望するか、心ひそかに願う。
「下」に行きたいと望む人はまずいないでしょう。
「上」には何があるんだろう?って時々考えます。たぶん、富とか名声とか権力とか、そういうものなんでしょうか?上ったことがないので分かりません。
ただ分かるのは、前向きであれば上に行けるというものではない、ってこと。
上に行くためには、たぶん、スティーブ・ジョブズみたいに「夢の実現」とか「仕事へのロマン」とか「世界を変える野望」とかを声高らかに宣言する必要があるでしょう。何よりも上に行きたいという強い熱意が必要だし、他人を自分の人生に引き込む才能が欠かせないと思います。
そういう人にはきっと、世界中の空から垂らされているに違いない、透明な蜘蛛の糸のような何かが見えるのかもしれないと思ったりします。

蛇足ながら、「後ろ向き」関連でみつけたカフカの名言を。
カフカは大好きな作家なので、こういう発言には、思わずニヤリとしてしまいます。

「将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。将来にむかってつまずくこと、これはできます。いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。」

「カフカの迷言がネガティブすぎて笑える」より。

アイキャッチ画像をサイドバーの「最近の投稿」に表示する

アイキャッチ画像を、ブログのサイドバーに表示させる方法をメモしておきます。
プラグインを使わず、テンプレートに直接コードを書く方法と、プラグインを導入する方法の二つを記しておきます。

プラグインを使わず、アイキャッチ画像をサイドバーに表示する方法

1.下図のように記事投稿欄に「アイキャッチ画像を設定」の項目があるか確認する。

eye1WordPress3.0以降は標準装備になっているようですが、使用しているバージョンやテーマによっては、項目が設定されていない場合もあるようです。
アイキャッチ画像の設定項目がない場合は、テーマのfunction.phpに以下のコードを追加して、アイキャッチ画像を機能させます。

 

 

 

 

 

add_theme_support('post-thumbnails')

2.アイキャッチに使いたい画像をアップして、「アイキャッチ画像として使用」をクリックする。

eye3

eye4上図のように記事投稿画面にアイキャッチ画像が表示されます。
これをサイドバーの「最近の投稿」欄に画像+投稿日+タイトルといった感じで表示させたいと思います。

3.テンプレートにコードを記述する。

使用するテンプレートはテーマのsidebar.phpです。「最近の投稿」を表示したい場所に下記コードを挿入します。

<div id="side-recent">
    <h3>最近の投稿</h3>
<ul>
<?php $myposts = get_posts('posts_per_page=9'); foreach($myposts as $post) : ?>
<li><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_post_thumbnail( array(50,50) ); ?><?php the_time('y.m.d') ?>&nbsp;<?php the_title(); ?></a>
</li> <?php endforeach; ?>
</ul>
<br style="clear:both;"></div>

以下の赤色部分は任意変更可能です。
■ <div id=”side-recent“>・・・divのidは任意の名前
■ <h3>最近の投稿</h3>・・・任意の名前
■ posts_per_page=9 ・・・数字は表示する「最近の投稿」数
■ <?php the_post_thumbnail( array(50,50) ); ?>・・・数字はアイキャッチ画像のサイズ。
サイズを指定せず、<?php the_post_thumbnail( ) ); ?>と書けば、WordPressの管理画面にある初期設定「メディア」で指定したサムネイルのサイズになります。
■ <?php the_time(‘y.m.d‘) ?> ・・・日付のスタイル。WordPress Codex 日本語版「日付と時刻の書式」参照。

4.スタイルシートに項目を追加する。

テーマのstyle.cssに#side-recent (名前は任意)を追加して、「最近の投稿」欄のデザインを整えます。

テンプレートをカスタマイズしてアイキャッチ画像を表示する方法については、下記のサイトを参考にさせていただきました。

参照サイト:「http://節約主婦ブログ.jp/」の「WPのサイドバーに画像付記事リンクを設置」

プラグインを導入して、アイキャッチ画像をサイドバーに表示する方法

アイキャッチ表示関係のプラグインもいろいろあるようですが、ここではSimple Featured Posts Widgetを紹介します。ウィジェットでアイキャッチ画像付きの最近の投稿欄を作成してくれます。
手順は

  • 1.プラグインの新規追加からSimple Featured Posts Widgetを検索してインストールする。
  • 2.インストールしたら有効化する。
  • 3.ウィジェット設定画面でSimple Featured Posts Widgetをサイドバーに設定する。
  • 4.Simple Featured Posts Widgetのスタイルシート(sfpw-style.css)を編集して、デザインを整える。(任意)

通畠家にお邪魔しました。

torike16-300通畠家には10年ほど前にお邪魔して以来、今回が2度目の訪問になります。
前回は2時間ほどかけて、車で行きましたが、その後、九州新幹線が開通し、今では鹿児島中央駅から出水駅まで25分程度に短縮されました。
時間的にはとても近くなりましたが、世の中のインフラが整っていくのと反比例して、私が遠出をする機会は、年々、少なくなっていきます。皮肉なものです。

torike17-300通畠家は10年前に引っ越しをしており、私がこの家を訪れるのは初めてです。
家の中にも外にも、ご夫妻の作品がいっぱい。アートにあふれたお宅です。
まずは、前庭に置かれた二つの大きなオブジェが楽しい。

玄関を入ると、紙素材のアートが並んでいました。
こちらは通畠朋子さんの作品。

wasi-01-200wasi-02-178

torike23

torike09-300

左上は通畠朋子さんの作品。
左下の絵は通畠義信氏の作品torike14-300

オレンジと紺色の扉も氏の作品です。どうしても開けてみたくなります。
torike12通畠義信氏は鉄や石。夫人は紙や布。
アトリエの中は夫妻の作品が無造作に、置かれています。
torike22torike06-300

ひらめきがあると、即座に削れる素材を使うことが多いそうです。
アトリエの中、発砲スチロールのオブジェもたくさんありました。

kappa01-263kappa02-115

 

 

 

 

 

河童の操り人形。こういうお茶目な作品もあり。

torike07

torike10

(上)人見知りな愛娘〝りんごちゃん”

(左)発砲スチロールの腕で何か?を指さす通畠氏。

 

(下)裏庭からは、出水平野の田畑の広がりが見渡せる。時間をかけて錆びていく、鉄のオブジェのある風景。

torike26
heri-189gazi-189通畠氏の車に置かれたオモチャ。ゴジラに釘。ヘリコプターはカメレオンに変身させて。

DSC02315-2

 

 

 

本日から、出水市在住のものづくりたちによる、「いずみ ものづくり展」が、開催されます。
通畠夫妻も出品します。
「鉄のテツ学」展と合わせて、こちらも是非ご覧になって下さい。

【出品者】
《陶芸》宮上誠・永島 としゆき
《染色・ガーゼ服》本田すみ子・隅本和代
《鉄・石・銅版画》通畠義信・通畠朋子
《木工》平田健作・谷山陽啓

「第5回 いずみ ものづくり展」
2013年3月20日~3月26日 10:00~17:00
出水市クレインパークにて
(期間中 無休・・・最終日は16:00まで)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

「鉄のテツ学」展観てきました(3)

18

オリジナル燭台
彫刻作品、それも私のもののように「白い、やさしい、かわいらしい」が表現の枠内に存在しないものは、なおさら、ほとんど売れるものではありません。何か売れそうなものをと思って、キャンドルスタンド展を何回かやっていますが、やっぱりやさしく親しみやすいものがつくれないので、今後も売れる可能性は薄いと思われます。

30

写真館のための唐草燭台
写真館のための椅子装飾金物
福岡での工房勤め時代には、仕事として作っていた装飾金物。本来なら、本展での展示は「芸術」には頼らず、このような技をみせるものであるべきだったと思いますが、あまりにも数が少なく、むしろこの二点があってよかったと思うことです。

21

「月夜」—————– 右「山に月」

22

「黒と白の対峙」
2000年代に入り、鉄素材にこだわらないという意識のもとに鉄を使った作品が、『黒と白の対峙』や『月夜』といった作品です。石と組み合わせたり、石の形をつくったりして、なぜか風景彫刻の形になりました。

鉄と石
学生時代は、ただただ石を彫ることが好きで、後の1994年に初めて、仕事として石のモニュメントをつくりました。大きな石彫は、仕事がなければ作れない状態なので、商品を少しずつ作り続けており、構想もまだまだあります。
鉄彫刻と石彫とは、いろんな面で違いがありますが、私にとっては違和感がありません。素材の違いを楽しめば、共通するものを見つけることができます。

24-224

羽根のアイデア 2001

出水市歴史民俗資料館では「写真撮影OK」だったので、私は「作品を全部撮るぞ」と調子に乗って撮り続けたものですが、帰ってきて確認すると撮り残しがだいぶありました。
仕方ありません。ここにアップされていない作品や作家のコメントについては、ぜひ会場で観ていただきたいと思います。
下の3点は新聞のコラムに添えて描かれたもの。
030204

まだまだ、続きます。
次回は、お宅訪問編です。後日、アートにあふれた通畠家の写真をアップしたいと思います。

20 / 33« 先頭...10...1819202122...30...最後 »