「下から目線で読む『孫子』」山田 史生

sonsi出版社:筑摩書房 (2010/7/7)

内容(Amazon.co.jp 「BOOK」データベースより)
歴史上、数々の支配者たちに熟読されてきた兵法書の古典『孫子』。人間心理への深い洞察をもとに必勝の理を説いた同書を、視点をひっくり返して読んでみたら、何が見えてくるのか。自明とされた「勝ち」というものが、にわかに揺らぎ始めるかもしれない。『孫子』のなかから、これぞという言葉を選び、八方破れの無手勝流でもって解釈しながら、その真意を探る。

キャッチコピーは「下々に捧ぐ」

「孫子」なんて全く興味もなかったのですが、「下々に捧ぐ」というこの言葉がぐさりと胸に刺さり、購入してしまいました。
だいたい「孫子」については、孔子や孟子みたく中国の偉人の名前だろうと思っていたくらいですから。
実際は人の名前ではなく、「孫子」というタイトルの兵法書、いわば「戦争マニュアル書」の名前でした。知らなかったなあ。本を読むたびに己の無知さ加減を思い知ることになる今日この頃です。
しかし、「孫子」など知らなくて当然。恥じることはありません。「孫子」は下々の者が読むような書物ではないらしいのです。

戦国時代にあっては武将たちが、国家統一が成された現代においてはプレジデントたちが、「敵に勝つための手引書」として、「上に立つものが下に居るものをどう動かすか」というノウハウ本として使うものらしいです。

「兵とは詭道なり。」
「戦いのコツは、相手をダマすことにある。」と山田史生さんは訳しています。
孫子的漢文調で「兵とは詭道なり。」ときっぱりと声に出して言えば、騙すことにも大義があるように聞こえてきて何だか可笑しいですね。

「利なればこれを誘い、乱なればこれを取り、実なればこれに備え、強なればこれを避け、怒なればこれを撓(みだ)す。」
山田史生さん訳:「欲張りならエサで釣り、お調子者ならスキをつき、真面目なら様子を見て、短気なら刺激せず、単純なら挑発する。」

「必死は殺され、必生は虜にせられ、忩速(ふんそく)は侮られ、廉潔は辱められ、愛民は煩わせさる。」
山田史生さん訳:「ガンバると殺され、逃げると捕まり、短気はバカにされ、真面目はダマされ、優しいと苦労する。」

戦術というよりは、処世術に読み替えることができそうです。人生そのものが戦いだとすると戦術も処世術も似たようなものかもしれませんね。

ところで、来月は民主代表選があります。元来が好戦的なお上たち。たぶん、一度ならず孫子を読んでいることと思いますが、私からも僭越ながら「お上に捧ぐ」一文を。

「亡国はまた存すべからず、死者はまた生くべからず。」
滅びた国家は立て直せないし、死んだ人間は生き返らない。

「外科医須磨久善」海堂 尊

gekai出版社: 講談社 (2009/7/23)

(内容紹介Amazon.co.jpから)
“海堂ワールドの新展開、外科医の謎に迫る。” 世界的権威の心臓外科医はいかにして誕生したのか。旧弊な学界から若くして認められるため、どんな奇策をとったのか。現役医師作家にしか書けない、医者の秘密。


須磨医師は中学二年生の時、自分は普通の会社員にはとてもなれそうもないから、医者になろうと決めたそうです。

  • 「人を押しのけたり、競争はしたくない。
    小さくささやかな人間関係の中で生きていけたらいい。
    理想は最小単位の人とのかかわり合いだ。仲の良い友達から「君がいてくれてよかった」と思われるのがいい。
    競い合いではなく、ほのぼのとした人間関係ができたら幸せ。
    いいやつと悪いやつが入り交じる雑駁な世界はイヤ。
    自分ががんばってもトップが愚鈍なせいで路頭に迷うのもイヤ。
    他力本願でうっとうしいのもイヤ。
    よくも悪くも自分の責任で仕事できないのもイヤ。
    つきあう相手とはケンカをするのも足の引っ張り合いをするのもイヤ。
    自分が誰かを不幸にするのもイヤ。」

だから、患者と医者という1対1で向かい合う職業を選んだ、というところに思わず感動しました。

自分の心許せる狭い範囲で、しがらみなくささやかに生きたい、という気持ちは私も全く一緒なんですけどね。子供の頃から、何々になりたいと職業を真剣に考えたことが一度もないまま生きてきました。そのことを今更ですが、反省しました。
須磨医師は外科医になろうと決めてから、一度も気持ちがブレることなく突き進んでこられたようです。ブレないこと、は大事ですね。

パーマリンクとスラッグについて少し理解したこと

wordpressの初期設定にパーマリンク設定というのがあります。
WordPress Codex 「パーマリンク設定 」によると、

デフォルトでは、WordPress はクエスチョンマークとたくさんの数字を URI に使いますが、カスタム URI 構造をパーマリンクとアーカイブに作成することができます。この機能は芸術性、利便性、リンクの寿命を改善することができます。

と書いてありますが、私には何のことだかさっぱりわかりません。
さらに「パーマリンクの使い方」を読むと、

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。パーマリンクは、他のブロガーがあなたの投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。そういう訳で、「perma」リンクといいます。
デフォルトでは、投稿 ID が N のときに
http://example.com/?p=Nのようになります。全てのサーバ環境で動くように、新規インストール時のデフォルトはこうなっています。しかしながら、他のオプションが付くと見苦しくなるので好ましくありません。

とあります。

パーマリンクが個別ページに与えられるURLで、IDのようなものであるというのは理解できますが、何故デフォルトのままでは好ましくないのか、URLに「?」が付いていると見苦しいのか?むしろかわいいんじゃない?と理解不能な問題は先送りすることにして、結局デフォルトの設定のままにしていました。
でも、どこのサイトを見ても初期設定で必ずパーマリンクの変更をすべきと書いてあるので気になってきたところ、「WordPress インストールガイド」というサイトの「表示URL(パーマリンク)の設定」を読んで初めて、パーマリンクの変更の必要性に納得しました。

デフォルトのhttp://example.com/?p=Nというような表示では、検索エンジンがこれを動的なページと判断し、検索に不利になる場合があるそうです。

動的ページと静的ページの違いについては「BIGLOBEなんでも相談室 URLの動的、静的の違いについて。」に分かりやすい説明がありました。
「動的ページとは、実体となるファイルが通常は存在せず、読者がアクセスしてきたときに初めてファイルが生成されるものなので、検索エンジンが捕らえにくい」というようなことらしいです。
最近では、動的でも静的でも以前ほど検索結果に顕著な差はないそうですが、それでも静的ページにしておいた方がよいらしい。
というわけで、遅ればせながらパーマリンクの形式を変更をすることにしました。
パーマリンクの形式には以下のようなものがありますが、

img01

どれを選ぶかはその人のお好み次第ということらしいです。
「カテゴリー/投稿名」というのを勧めているサイトがあったので真似をして、カスタム構造にチェックを入れ「/%category%/%post_id%/」と記述してみました。
すると、アドレスの表示が下記のように%の羅列になってしまいました。

http://art-container.net/wordpress/2010/07/%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%a0%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e5%af%be%e7%ad%96%e7%94%a8%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3akismet/

これはカテゴリーや投稿名の日本語表記部分が、パーセントコーディング(と言うそうです)されてしまうからだそうです。
カテゴリーも投稿名も全て英語表記なら何の問題もないので、投稿時に投稿画面の「パーマリンクの編集」で日本語部分を英語表記すれば%は表示されないそうです。

しかし、非バイリンガルの私には、投稿のたびにいちいち、そんな面倒なことはできません。で、投稿名の表示は諦めて「数字ベース」の設定を選択することにしました。
これだとアドレス表示は
http://art-container.net/wordpress/archives/n となります。
ただ、この設定でもカテゴリーから個別ページを開いたとき、カテゴリー名に日本語が入っていると、その部分が%の羅列になってしまいます。
そこで必要になるのがカテゴリースラッグの設定です。

カテゴリーの管理画面には、カテゴリースラッグという項目があります。
このカテゴリースラッグについても、私は意味も必要性も設定方法も分からず、無視していました。
カテゴリースラッグに英語表記を入れておくと、カテゴリーから開いた個別ページでも、URLがパーセントコーディングされなくなります。

スラッグ” は URL 内で使用可能な形式にされた名前です。通常はすべて小文字で構成され、アルファベット、数字、ハイフンを含めることができます。

という、カテゴリースラッグの説明文も、今読むと「ああ、そういうことか」と理解できますが、、、。初めて目にした時には、パーマリンクの説明同様、なんのことだかさっぱり分らなかったのでした。

個別ページにもサイドバーを表示させる

wordpressは膨大な量のテーマが用意されていて、無料で選びたい放題、というところも魅力の一つです。デザインも豊富にありますが、テーマの仕様や機能に、それぞれ微妙な違いがあるので選択に迷います。
しかし、まあ、どんなにたくさん提供されても、欲を言い出すときりが無く、完璧にそのまんま使えるテーマって意外とないような気がします。

今私が使っているテーマでは、個別ページを開くとサイドバーが表示されません。wordpressのデフォルトのテーマもそういう仕様になってるので、ま、それが普通なのだろうと思っていたら、個別ページにサイドバーが表示されるテーマも多くありました。
その違いはどこにあるのか、テンプレートをじっと見比べてみると、どうやらsingle.phpにsidebar.phpを読み込む一行があるかどうかだけの違いのようです。

single.phpの変更箇所
最後の行にある<?php get_footer(); ?>の前に<?php get_sidebar(); ?>を追加する。

single.phpを変更しただけだと、カラム落ちするので、style.cssのシングルページ関連箇所で幅や余白の修正をします。

「エンジェルズ・フライト」マイクル・コナリー

angels出版社: 扶桑社 (2006/01)
内容(Amazon.co.jp「BOOK」データベースより)
LAのダウンタウンにあるケーブルカー、“エンジェルズ・フライト”の頂上駅で惨殺死体が発見された。被害者の一人は、辣腕で知られる黒人の人権派弁護士ハワード・エライアス。市警察の長年の宿敵ともいえる弁護士の死に、マスコミは警官の犯行を疑う。殺人課のボッシュは、部下を率いて事件の捜査にあたるが…。緻密なプロットと圧倒的な筆力で現代アメリカの闇を描き出す、警察小説の最高峰“ハリー・ボッシュ”シリーズ第六弾、ついに待望の文庫化。単行本『堕天使は地獄へ飛ぶ』改題。

いつだったか、子供の頃、仏教に基づいて描かれた「地獄絵図」というのを見たことがあります。水木しげるの漫画だったような覚えがあるけど、あまり定かではありません。見たくて見たわけでなく何かの拍子にうっかり見てしまい、口にするのもおぞましい、文字にするのも恐ろしい、残虐でグロテスクな刑罰の数々、亡者の姿に衝撃を受けました。
とにかく私はすごい怖がりなので、ホラーなものは受け付けません。「これはただの絵なんだ、誰かの妄想で作り上げたニセモノの世界なんだ」と自分に言い聞かせ、「天国」というのもないけど「地獄」だってないんだから!(何故か天使と閻魔様・・・和洋折衷なんですけど)と現世以外の存在を否定してきました。

しかし、現世にこそ「地獄」があるのだ、と容赦なく突きつけるのが、この本、マイクル・コナリーの「エンジェルズ・フライト」です。
「エンジェルズ・フライト」とはロサンゼルスのバンカー・ヒルという再開発された丘の頂上(高級住宅地&最新オフィス街)から丘の下を結ぶ、短距離ケーブルカーのことだそうです。美しいネーミングです。
そのケーブルカーの中で黒人弁護士の射殺死体が発見されるところから物語は始まります。その後の展開は、1992年に起きたロス暴動の事件と推移をなぞる形になっています。さらに、物語には1996年に起きたジョンベネちゃん事件を想起させる児童殺害事件が加わり、、、、

マイケル・コナリーの筆致は劇場映画を観ているような臨場感にあふれ、迫力があるだけに、本当にこのまま映像化されたとしたら、私はとても直視できないと思う。読書しながらも、目を覆うような凄惨な場面にはボカシをかけて、細部まで想像しないようにして読んでしまいました・・・。

しかし、この本に書かれていることは、決して誰かの妄想ではない。現実にあることをなぞっているのであり、ロサンゼルスの町に地獄を作り出している一番の要因は人種差別であり、人種差別からくる貧困であるということを考えさせます。

ところで、私は長いこと、ロサンゼルスの名前はLoss Angelsで、「天使たちのいない」という意味だと思い込んでいました。日本にある「神無月」みたいに、本当は天使のたまり場なんだけど、他の街に天使たちが出払っているからこんな名前になったのだ、というエピソードも勝手に作っていたんですけど。
本当はLos Angelesで「天使たち」そのまんまの名前だと、実は今日初めて知りました。ロサンゼルスを舞台にしたハードボイルド小説などでは、「天使のいない街にようこそ」なんてセリフがあったりするんですが、あれはただの掛けことばによる皮肉だったようですね。(いまごろ・・・)