• HOME
  • >
  • WEB作成
  • >
  • パーマリンクとスラッグについて少し理解したこと
  • パーマリンクとスラッグについて少し理解したこと

    wordpressの初期設定にパーマリンク設定というのがあります。
    WordPress Codex 「パーマリンク設定 」によると、

    デフォルトでは、WordPress はクエスチョンマークとたくさんの数字を URI に使いますが、カスタム URI 構造をパーマリンクとアーカイブに作成することができます。この機能は芸術性、利便性、リンクの寿命を改善することができます。

    と書いてありますが、私には何のことだかさっぱりわかりません。
    さらに「パーマリンクの使い方」を読むと、

    パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。パーマリンクは、他のブロガーがあなたの投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。そういう訳で、「perma」リンクといいます。
    デフォルトでは、投稿 ID が N のときに
    http://example.com/?p=Nのようになります。全てのサーバ環境で動くように、新規インストール時のデフォルトはこうなっています。しかしながら、他のオプションが付くと見苦しくなるので好ましくありません。

    とあります。

    パーマリンクが個別ページに与えられるURLで、IDのようなものであるというのは理解できますが、何故デフォルトのままでは好ましくないのか、URLに「?」が付いていると見苦しいのか?むしろかわいいんじゃない?と理解不能な問題は先送りすることにして、結局デフォルトの設定のままにしていました。
    でも、どこのサイトを見ても初期設定で必ずパーマリンクの変更をすべきと書いてあるので気になってきたところ、「WordPress インストールガイド」というサイトの「表示URL(パーマリンク)の設定」を読んで初めて、パーマリンクの変更の必要性に納得しました。

    デフォルトのhttp://example.com/?p=Nというような表示では、検索エンジンがこれを動的なページと判断し、検索に不利になる場合があるそうです。

    動的ページと静的ページの違いについては「BIGLOBEなんでも相談室 URLの動的、静的の違いについて。」に分かりやすい説明がありました。
    「動的ページとは、実体となるファイルが通常は存在せず、読者がアクセスしてきたときに初めてファイルが生成されるものなので、検索エンジンが捕らえにくい」というようなことらしいです。
    最近では、動的でも静的でも以前ほど検索結果に顕著な差はないそうですが、それでも静的ページにしておいた方がよいらしい。
    というわけで、遅ればせながらパーマリンクの形式を変更をすることにしました。
    パーマリンクの形式には以下のようなものがありますが、

    img01

    どれを選ぶかはその人のお好み次第ということらしいです。
    「カテゴリー/投稿名」というのを勧めているサイトがあったので真似をして、カスタム構造にチェックを入れ「/%category%/%post_id%/」と記述してみました。
    すると、アドレスの表示が下記のように%の羅列になってしまいました。

    http://art-container.net/wordpress/2010/07/%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%a0%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e5%af%be%e7%ad%96%e7%94%a8%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3akismet/

    これはカテゴリーや投稿名の日本語表記部分が、パーセントコーディング(と言うそうです)されてしまうからだそうです。
    カテゴリーも投稿名も全て英語表記なら何の問題もないので、投稿時に投稿画面の「パーマリンクの編集」で日本語部分を英語表記すれば%は表示されないそうです。

    しかし、非バイリンガルの私には、投稿のたびにいちいち、そんな面倒なことはできません。で、投稿名の表示は諦めて「数字ベース」の設定を選択することにしました。
    これだとアドレス表示は
    http://art-container.net/wordpress/archives/n となります。
    ただ、この設定でもカテゴリーから個別ページを開いたとき、カテゴリー名に日本語が入っていると、その部分が%の羅列になってしまいます。
    そこで必要になるのがカテゴリースラッグの設定です。

    カテゴリーの管理画面には、カテゴリースラッグという項目があります。
    このカテゴリースラッグについても、私は意味も必要性も設定方法も分からず、無視していました。
    カテゴリースラッグに英語表記を入れておくと、カテゴリーから開いた個別ページでも、URLがパーセントコーディングされなくなります。

    スラッグ” は URL 内で使用可能な形式にされた名前です。通常はすべて小文字で構成され、アルファベット、数字、ハイフンを含めることができます。

    という、カテゴリースラッグの説明文も、今読むと「ああ、そういうことか」と理解できますが、、、。初めて目にした時には、パーマリンクの説明同様、なんのことだかさっぱり分らなかったのでした。

    コメントはこちらから

    お名前は必須項目です。

    CAPTCHA


    画像を添付できます(JPEGだけ)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください