• HOME
  • >
  • WEB作成
  • >
  • PC
  • >
  • 新型コロナウィルスも、PCのウィルスも心配なこの頃
  • 新型コロナウィルスも、PCのウィルスも心配なこの頃

    ついにWindows 7の延長サポート終了

    日本で新型コロナウィルス感染者が初めて確認されたのが1月中旬。ちょうどその頃、Windows 7のサポートは完全終了となり、セキュリティ更新プログラムの提供がなくなりました。

    2016年までは、無償でWindows 10へのアップグレードの提供(というより、催促)があったのですが、無償アップグレードによる不具合のリスクを考えると安易に手を出せない。(結果的に手を出さなくて良かったと思っています)
    それに使用中のアプリ、アドビのCS5.5バージョンがWindows 10で動くかどうか、ネット検索をしてみても確証が得られない。
    Windows 10にしたらxamppもアップグレードしなきゃいけないけど、それが結構面倒そう。
    などの理由から、完全サポート終了まではPCの環境を変えたくない、と思いつつ気が付けば4年が経ちました。

    ネット上では、「Windows7サポート終了!乗り換えないと危険です!!すぐ買い替えましょう!」と無闇に煽るサイトがほとんどです。
    ガンガン煽られると、ちょっと待てよ、と私の天邪鬼アラートが発動します。

    すぐにOSを入れ替えた方が良いのか。もう少し待った方がいいのか。さらに言えば、Windows10に乗りかえたら感染リスクがなくなるのか、コンピュータウィルスについて考えてみました。

    どうやってマルウェアに感染するのか?

    正確には、コンピュータウイルスとはマルウェアの一種で、「マルウェアとは、コンピュータに何らかの損害を与えるために作成された不正プログラムや悪意のあるソフトの総称」であるとのこと。
    マルウェアの感染経路については、トレンドマイクロ株式会社が運営するis702(アイエス・ナナマルニ)サイトのコンピュータウイルス基本と3つの感染予防策で、以下の4パターンに大別しています。

    【パターン1】:OSやソフトの脆弱性を悪用される
    【パターン2】:ユーザ自身がマルウェアをインストールしてしまう
    【パターン3】:メールに添付された不正ファイルを開いてしまう
    【パターン4】:マルウェアに感染したUSBメモリやスマホ、パソコンを他の機器やネットワークにつないでしまう

    コンピュータウイルスの基本と3つの感染予防策参照https://www.is702.jp/special/3583/#Content03

    ネットで、OSを買い替えないと危険ですよ!と言っているのは、上の【パターン1】の場合ですね。
    最近、こんな記事を目にしました。

    Windowsに重大度「緊急」のゼロデイ脆弱性2件、すでに攻撃も行われている可能性

    https://gigazine.net/news/20200324-microsoft-windows-font-vulnerability/参照

    OSに重大な脆弱性が見つかった場合、Windows10に対しては、いずれ修正パッチが配布されるけど、サポートが終了したバージョンは当然放置されるわけですね。
    こういう記事を読むと、やはりサポートの無いOSを使い続けることに不安を覚えます。が、Windows10にすれば、「不安がパッと消える」わけでもありません。
    Windows10もこれまでのバージョン同様、OSの脆弱性が発見され、修正を繰り返すことになります。その発見と修正の間隙を攻撃されるのです。

    【パターン】2,3,4については、どんなバージョンであろうと、PCを使用する上で最低限注意しなけらばならない部分です。
    私も、具体的には次のようなことに気をつけています。

    ・市販のセキュリティソフトで毎日ウィルススキャンをする。
    ・フリーソフトは安全とされているサイトからのみダウンロードする。
    ・知らない人からのメールの添付ファイルやリンクは開かない。
    ・Appleやgoogleなど既知の企業からのメールであっても、アドレスのドメインを確認する。
    ・Internet Explorerは使わない。
    ・スマホを、フリー Wi-Fi に接続しない。

    ネット環境としてはブロードバンドルーターを使っているので、ファイアウォールで守られているはず、と思っているのですが。
    今のところウィルススキャンしてもPCからマルウェアは見つかっていないけど、セキュリティについては聞きかじりの知識だけなので、PCを使う限り不安がついて回るだろうと思います。

    で、結局どうする?

    OSの脆弱性に対するサポートが無いのは、大きな不安要素ですが、それ以外にとても困ることと言えば、
    ・今使っているデバイスが壊れてたときに、Windows7に対応する製品がなくなる
    ・最新のアプリに対応できなくなる。
    ・ブラウザ(特にFirefox)がWindows7に対応しなくなる。

    まあ、数年後先の話ではあるけど、いつかWindows7が使い物にならなくなる時が確実にくるのだなあと思う。いずれはWindows10に入れ替えざるを得ない。

    じゃあ、もう今「最後のバージョン」と言われているWindows10にしておけば、今後OSの心配をしなくて済む!コロナ給付金が出たら買おう!と思ったのだけど、新型コロナウイルスの影響で今月予定されていた大型更新「May 2020 Update」が延期になったとのこと。

    Windows 10、今春の大型更新「May 2020 Update」が正式リリース間近

    https://project.nikkeibp.co.jp/idg/atcl/19/00001/00114/?ST=idg-cm-software&P=1参照

    またWindows10の更新の際には不具合が出る事例もたびたびあるようです。

    [不具合続報]アンインストール推奨!?2020年4月のWindows 10更新プログラムKB4549951の問題が悪化

    https://a-zs.net/kb4549951-issues-2/参照


    というわけで、OS購入は大型更新のあとくらいまで待ってみることにします。

    朗報!Windows 10でも、Adobe CS5.5は動くらしい

    ありがたいことに、アドビの各バージョンがWindows10で動くかどうか検証してくださっているサイトがありました。
    本当にありがたいです。
    経済的にサブスクのアドビCCはとうてい受け入れがたいので、私はCS5.5を使い倒したい。

    Windows10にアドビCS3,CS4,CS5.5,CS6をインストールした。ややエラーは出るがインストールはできる」
    (http://blog.hirara.net/win10-adobe-cs-install/

    「オキラクウサギ」http://blog.hirara.net/参照

    追記:訂正します。(2021.1.2)
    Windows 10でまともに動くパッケージ版はcs6だけらしい

    年末にpcショップに行ったので、そこで伺ったのですが、cs5は致命的なエラーが出ることがあるらしく、おすすめできないとのこと。cs6はまともに動くらしい。
    とはいえ、cs6のパッケージ版はネットでしか手に入らないと思うけど、買うのにはちょっとリスクもありますね。
    私と同じような悩みのある方は、下記サイトもご参照ください。

    いまさらだけどAdobe CS6 最終正規版を購入したい!という場合はこのサイト

    コメントはこちらから

    お名前は必須項目です。

    CAPTCHA


    画像を添付できます(JPEGだけ)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください