• HOME
  • >
  • WEB作成
  • >
  • xampp最新版インストール覚書
  • xampp最新版インストール覚書

    パソコンが壊れ修理に出したところ、マザーボードやハードデスクなどほとんどのパーツを組み替えることになり、私のパソコンは外観こそ小汚いもの、中身はまっさらな清い体で帰ってきました。

    で、休日はパソコンの環境を以前のとおりにするために、あれやこれやソフトのインストール作業です。
    まずはセキュリティソフトを再インストール。
    外付けハードデスクに保存しておいたデータをコピーしてウィルスチェックなどを済ませ、今日はxamppの入れなおし。

    昨年の5月「ヘッダーやフッターを共有する」から始まる長い話」で、くどくど書いたあれ、xamppのインストールをしました。
    あれから1年余たち、xamppも1.7.4にバージョンアップしておりました。
    私の方も多少はスキルアップしていますので、今度はくどくど書く必要もないくらい簡単な作業になるはず。でもまだ独り立ちが不安な私は、「PHP入門 – 西沢直木  ブクログのパブー」を参照させていただきました。

    • xamppのサイト「apachefriends.org」でファイルをダウンロードする。
    • パソコンにインストールする。
    • ローカルホスト http://localhost/xampp/ にアクセスする。
    • セキュリティ設定ページ
      http://localhost/security/xamppsecurity.php にアクセスしてパスワードの設定をする。
    • XAMPPのディレクトリ制御 (.htaccess)も設定すると.htaccsessファイルが自動生 成される(自分で作成する必要なし)。
    • xampp/htdocsに新しいフォルダを作成して、その中にホームページのデータファイルを置く。

    これで終了。のはずが、設定したパスワードでlocalhosotにログインできません。
    今度はらくらくできるだろうと甘くみていましたが、やはり何度でも失敗するのが私のいいところ。

    失敗の原因と解決法を忘れないうちに記録しておきます。

    ローカルホスのログインに失敗するのは、xamppのインストール時にセキュリティソフト(ウィルスセキュリティZEROを使用)を停止しておかなかったことが原因ではないかと思い当たり、xamppをアンインストーラーを使って削除し、PCのセキュリティソフトを機能停止して再度xamppをインストールをしました。
    これでlocalhosotにログインできるようになりました。

    しかしログインはできるようになったけど、xamppのコントロールパネルで停止ボタンをクリックするとエラーが出て停止できない状態になりました。

    ここで焦ってしまい、xamppのバージョンのせいかと、再びアンインストール。バージョン1.7.3をダウンロードして、インストール。でも結果は同じ。
    まあ、そんなことを2,3度繰り返しているうちに、アンインストールした後にパソコンを再起動しなかったせいだとやっと気づき、またまたxamppをアンインストールしてパソコンをシャットダウンしたのち、改めてインストール(もちろん、セキュリティソフトは停止した状態で)。
    正常運転できるようになりました。
    結果、xamppのバージョンは最新版ではなく1.7.3をインストールしたままになりました。1.7.4でも問題なかったと思いますが、もういい1.7.3でも!って荒れた気分です。
    どっちにしろ基本的なミスで、この1年、xamppのバージョンアップほど、私のスキルはアップしてはいなかったってことですね。
    今回の教訓は以下の2点です。

    ①xamppのインストールの際PCのセキュリティを停止する

    ②ソフトをアンインストールしたらPCを再起動してから再インストールする

    前回 はDreamweaverのテストサーバーの定義でずい分つまづいてしまいましたが、最近Dreamweaver cs5.5を使い始め、サイト定義も楽にできるようになりました。
    Dreamweaver向けのPHP開発環境を構築 が分かりやすく、参照しました。

    結局、昨年私が書いた「ヘッダーやフッターを共有する」から始まる長い話」はほとんど参考になりませんでした。

    コメントはこちらから

    お名前は必須項目です。

    CAPTCHA


    画像を添付できます(JPEGだけ)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください