• HOME
  • >
  • WEB作成
  • >
  • wpプラグインWP-DBManager(lolipopサーバー編)
  • wpプラグインWP-DBManager(lolipopサーバー編)

    ロリポップレンタルサーバーがサイバー攻撃され、私のブログも文字化けやなんか、ひどい目にあったことは「ハッカー攻撃に早まって・・」に書いた通りです。
    まあ、実際は私の処置対応がまずかったために、画像データを全て失ってしまい、ブログを一気に復活させることができなくなったわけですが。
    しかし、転んでもただでは起きませんよ。データベースをかなり弄り回したおかげで、データーベースについて理解できたことが多く、次回からはインポートも間違わずにできるはず。
    何はともあれ、データベースのバックアップは頻繁にとっておきましょう。
    そこで、何といっても役に立つのがデータベースのバックアップを自動で行ってくれるプラグイン、WP-DBManagerです。
    バックアップを自動で行ってくれるばかりでなく、メールで定期的に送信もしてくれます。
    これならバックファイルを無くす心配もありませんね。

    なお、2013年9月現在WordPressのヴァージョンは3.6を使用。
    WP-DBManagerはバージョン 2.63をインストールしました。

    WP-DBManagerのインストール

    プラグインのインストール手順は次の通り

    • 1.管理画面の項目から「プラグイン」を開く
    • 2.プラグインの「新規追加」をクリック
    • 3.プラグインの「検索ボックス」にプラグイン名を入力
    • 4.表示されたプラグインの「いますぐインストール」をクリック
    • 5.「プラグインを有効化」をクリック

    しかし、有効化したところ管理画面の上部に下記のような警告が出ました。

    Your backup folder MIGHT be visible to the public
    To correct this issue, move the .htaccess file from wp-content/plugins/wp-dbmanager to /home/users/0/lolipop.jp-dp22138636/web/wordpress/wp-content/backup-db

    有効化しただけでは作動しないようです。

    WordPress超初心者講座>> WP-DBManager(データベース・バックアッププラグイン)」を参照すると、以下の作業が必要だと分かりました。

    FTPソフトなどで【wp-content/plugins/wp-dbmanager】フォルダにアクセスします。ここに、「htaccess.txt」という名前のファイルがあります。
    これを【wp-content/backup-db】フォルダに移動させて、ファイル名を「.htaccess」に変更してください。
    WP-DBManager(データベース・バックアッププラグイン)参照

    上記のとおり「backup-db」フォルダに「.htaccess」をアップロードすると、警告も消えてなくなりました。

    WP-DBManagerの日本語化ファイル

    1年前にファイルを入手したサイトにアクセスしてみると、現在ではダウンロードページが無くなっていました。私のPCには保存したファイルがあるのですが、それを勝手に配布するわけにはいかないので、何とか作者サイトにいけないものかと検索してみました。
    ネット上にはバージョンの古いものはたくさんあるのですが、作者名を表記しているものが無く、なんとなく作者不詳といった感じです。
    私が保存しているものより新しいファイルを配布しているサイトがありました。

    13サポサイフロー WP-DBManager Ver.3
    WP-DBManagerの日本語化ファイルのインストール方法
    上記サイトからダウンロードした2個のファイルwp-dbmanager-ja.moとwp-dbmanager-ja.poをwp-dbmanagerフォルダの中にアップロードします。

    WP-DBManagerは日本語化ファイルが無いとすごく困る、というほどではありません。もちろん英語が堪能な人には全く不要なものです。出所がはっきりしないものは避けたい方は、使用しなくても問題ないと思います。私のような者にとっては、画面が日本語表記であるというだけで、ストレス軽減です。

    01データベースの項目が、次のように日本語化されました。

    02

    [データベースバックアップ画面]
    05[バックアップデータベースの管理画面]
    06[SQLクエリ実行画面]
    07jpg[データベースオプション]
    08jpg[アンインストール画面]
    09jpg

     サーバーがlolipopでエラーが出た場合

    前回(2012年4月)のインストールでは、上記までの設定でデーターベースのバックアップができるようになるかと思いきや、データベースバックアップ画面にエラーメッセージが出ました。

    エラーメッセージの内容は以下のとおり。(日本語がちょっとおかしなところがあります)

    MYSQLのダンプパスを確認中 …
    MYSQLのダンプパスが存在しません。オプションからパスの確認を行ってください。詳細が不明ながあいはサーバ管理者にお問い合わせください。

    MYSQLパスの確認中 …
    MYSQLパスは存在しません。オプションからパスの確認を行ってください。詳細が不明ながあいはサーバ管理者にお問い合わせください。

    mysqldumpとmysqlへのフルパスはDBオプションの設定で自動的に取得されて表示できているのに、 何故か認識してくれませんでした。
    検索してみると「アフィリエイトで稼ぐ為のWordPressアクセスアップ術」>>「ロリポップでのWP-DBManagerの設定方法」に解決法が紹介されていました。
    それによると、ロリポップ側のphp.iniの設定を変更する必要があるようです。

    「php.iniの設定」の「safe_mode」という項目がOnになっていると思いますので、これをOffにする
    「ロリポップでのWP-DBManagerの設定方法」参照

    これでやっと正常にデーターベースのバックアップができるようになりました。

    そうして、あれから1年余り。メールに頻繁にバックアップデータが送られてくるのが鬱陶しくなり、いつしか便利な〝メール送信オプション”を停止してしまい・・・・・・今回の憂き目に遭ったという次第で・・・・全く油断大敵ですね。

    コメントはこちらから

    お名前は必須項目です。

    CAPTCHA


    画像を添付できます(JPEGだけ)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください