蜜蜂と遠雷

著者 恩田陸
幻冬舎文庫

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール、その出場者たち。
自宅にピアノが無く、優れた音感を持つ風間塵16歳、かつて天才少女としてデビューしたけれど、母の死によってステージに立てなくなった栄伝亜夜20歳、音大出身とは言え今は楽器店に勤める高島明石28歳、優勝候補と目されるのはジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。

そのほかもちろん世界中から集まるコンテスタント、そしてそれを審査する審査員たちの心の動き。

あークラシック音楽に造詣が…浅すぎて残念であります。アニメの『ピアノの森』はずっと追いかけていたのだけど。あれは演奏が聞けたけど、文章だとだいたいの感じしかわからない悲しき我が身。
ではありますが、さすが直木賞・本屋大賞W受賞作品、一気読みとなりました。『ピアノの森』を知っている人なら皆、塵とカイが重なったことでしょう。音楽界、もっと自己主張の強いライバル意識あからさまなものではないんだろうか、と感じないことも無い(そういう人も出てくるけど)ながら、あの、ちょっとつらい人にお勧めです。今ちょっとしんどい人、別世界に飛んでしばし現実を忘れます。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA