完全改定版 占星術殺人事件

殺人事件占星術著者 島田荘司

講談社文庫

困った。

「東西ミステリーベスト100」日本編第3位と帯にある。何よりも、作家はこのシリーズの探偵“御手洗潔”役に金城武を希望している(が、断られた)と、以前に読んだことがある、ので、シリーズ第一作(2006年)を読んでみたのだが。

ごめん、私、日本の“本格”とか“新本格”ミステリーが、さほど好きではないのだった、もともと。

密室で殺された画家、彼が残した手記があり、六人の娘の肉体から、占星術に従って完璧な肉体(アゾート)を作る計画が書かれてあった。彼の死後、一部を切り取られた6人の娘の死体が、日本の各地から発見された。犯人がわからないまま、占星術殺人事件として騒がれた事件から40年たった。

占星術とか錬金術とか、私の理解力がなかなか及ばないままややこしく進展していく。画家梅沢平吉の結婚生活もややこしや。寝る前にちょっとずつ読み進めるタイプの話では無いんだな、それが悪うございましたね、まず。後半の、20枚の一万円札を半透明なテープを使うことで21枚にするトリック、えーと、どれとどれを繋ぐんだっけ?でまた躓く私。

人の体は、そんなに簡単に切れるものじゃないでしょうよ・・・。

この第一作では、探偵が趣味の占星術師である御手洗潔は、その後、星占いが趣味の私立探偵へ、そして探偵が趣味の脳科学者へ、と変化を遂げるらしい。今では地球上のほとんどの言語に堪能だとか。

ともかく、もう一冊読んでみよう。

 

追記 部分部分を読み返してみた。お札20枚を少し短い21枚にする方法は納得、その応用のトリックは、本格好きにはたまらない、のだろう。でもやっぱり、あの人にもあの人にも、体力的に無理だと思うぞ、その仕事は。それに、アゾートという言葉をいくら調べてもその意味がよくわからない・・・。

コメント (1)

atcon2014年3月29日(土曜日) at 8:56 午前

占星術殺人事件!本格派ミステリーのジャンルで、よく名前が挙がる一冊ですね。私はまだ読んだことない。
森博嗣も新本格になるのかな?以前はよく読んだけど、最近まったく手にすることがなくなりました。
ミステリー小説のトリックものは苦手かも。ドラマの「TRICK」は好きだったけど。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA