29歳問題

監督 キーレン・パン
出演 クリッシー・チャウ ジョイス・チェン エレイン・ジン

2005年香港、化粧品会社の有能なキャリアウーマンであるクリスティは、もうじき30歳を迎えようとしている。長い付き合いの恋人はいるが、結婚というところにはなかなか進まない。
仕事が認められ、昇進する。しかしそれはストレスを強く抱え込み余裕がなくなることであり。そして父親の認知症が追い打ちをかける。早々に部屋を出なければならない事情まで出来。
家主の手配で、しばらくパリ旅行で留守にするティンロッという女性の部屋に住むことになる。
その部屋にあった日記を読み進むうち、クリスティとは全く違う人生を送っているティンロッの、生き生きとした姿が見えて。

ウォン・カーウァイ監督の『花様年華』のポスターや、レスリー・チャンの歌声、ロックグループBiyondの黄家駒(日本でのバラエティー番組収録中の事故で亡くなってしまった人)とか、香港芸能ファンが、おっ、と思うもの、そしてもっと詳しい人にとっては、ラップユニット『軟硬天師』のエリック・コッ(金城武主演の「初恋」の監督)とジャン・ラムが出演しているなど。

もともと、監督のキーレン・パン自身の作・演出・主演による舞台劇だそうで、最後にその舞台のシーンが出てくる。
たぶん、舞台で一人二役で演じられると、部屋の持ち主のティンロッとクリスティはパラレルワールドの同一人物、という感じがもっと感じられるのだろう。

クリスティとティンロッを足しても足りない私の年齢では、ちょっと脇のところで二回ほどウルッと来てしまった。はは。私は評判を目にしていたから楽しみにしていた。でも、地方都市には香港映画情報なんて届かないのね、悲しい人数でした、館内。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA