パッドマン 5億人の女性を救った男

http://www.padman.jp/site/
監督 R.バールキ
出演 アクシャイ・クマール ラーディカー・アープテー ソーナム・カプール

21世紀に入っても、インドの庶民女性は、生理時に布を洗っては使っていたらしい。だいぶ使い古していたらしい。
と、いうことに気づいた夫がいた。
これは衛生上問題である、と、妻のため薬局に行ってナプキンを買ってくるのだが、21世紀初めには値段が高かったようだ。
妻には返して来るように言われる。で、何とか自分で作ってやろうと工夫を重ねる。

日本でも、まだまだ女性の月経を忌む風習は残っている。男性が口を出すことは難しいだろう。イノッチぐらいだね、ごく自然にそれを話題にできるのは。
それが、そこはインドの、田舎である。

夫は変態のように扱われる。努力すればするだけ石持て追われる状態となる。家族も離れ離れ。

でも、あきらめない。信念を貫く夫。

実話をもとにしているお話。とうとう簡易製造機を作って安く提供できるようにして、世界で有名になった男が実在する。しかも女性の収入の機会も作ったという。で、バットマンではなくパッドマン。
映画館を出た後、スッパルヒーローすっぱるひーろー(スーパーヒーロー)という、映画の最後に流れた歌が口からこぼれるこぼれる。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA