サイゴン・クチュール

http://saigoncouture.com/
監督 グエン・ケイ チャン・ビュー・ロック
出演 ニン・ズーン・ランゴック ホン・ヴァン ジェム・ミー オアン・キエウ S.T ゴ・タイン・バン

1969年ベトナム、9代続くアオザイ仕立業の娘ニュイは、アオザイは古臭いと思っている。60年代ファッションにしか関心が無い。母娘の対立。
ある日、ニュイは2017年にタイムスリップし、ぶつかったのは、中年になり自殺を試みようとしていた自分自身だった。

お話は他愛ないっちゃが他愛ない。のですが、ツイギーとかそういう時代よねえ、という、わたくしなどには懐かしいファッションから、麗しのアオザイのいろいろが、まあ眼福眼福。
どことなく『アメリ』を思い起こさせる気がしたのだけど、ストーリーとしては関係ありませぬ。

1969年だけどベトナム戦争の無い架空のサイゴン、タイムスリップ物では自分自身に出会っちゃいけないのが普通だと思うがばっちり若い自分と年がいった自分が、それをわかっていて会話している、など突っ込みどころはございます。ございましても気にならない、チャイナドレスやアオザイがお好きな方、ファッション雑誌が好きな方、お試しください。

コロナ禍で映画館を自粛していたのだけれど、今のところわが県では発生数少なく、観に行ってしまった。重たい空気の日々に観るには可愛くてね。アオヤイ と、ベトナム語では発音していた。アオのところを高く。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA