逃げた女

https://nigetaonna-movie.com/
監督 ホン・サンス
出演 キム・ミニ ソ・ヨンファ ソン・キンミ

5年間の結婚生活の間、夫と一度も離れることが無かったという女性が、夫の出張中に、郊外に住む女友達を訪ねる。それぞれの知人に対して、5年間離れることが無かったと話す。夫は愛する人とは一緒にいるべき、との考えであると。

たずねて行った女友達、ばったり会ったかつての友達(元彼と結婚しているらしい)、三人三様に、気楽そうでありつつ何やら男との関係の面倒さが垣間見える。

淡々と、訪ね、会話し、食事し、5年間離れることが無かった話。格別の事件が起こるでもなく映画は終了する。
ハリウッド映画好きの人には、なんのこっちゃ?だろう。
ただ、ある一部の人には刺さるだろうなあ。パートナーとの関係に微妙なざらつきを感じている誰かとか。
女性たちのおしゃべりが、それはすべて本当のことなのかと疑問符が湧いたり。男が総じてあまり賢くないように描かれている気がするが、監督が男性だから?女性監督がこの状況を描くと、女性への視点がきびしくなりそうだ。そもそも本当に5年間離れることが無かったのか?それも嘘かも、と前提から疑う気にもなる。
で、逃げた女って?

この監督と女優はパートナーであるそうだ。

ホン・サンスという有名な監督の作品を、どうやら初めて観たらしい。私は、ほかの作品も観たいと思います。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA