我が心の香港 映画監督アン・ホイ

監督 マン・リムチョン文念中
出演 アン・ホイ許鞍華 ナムサン・シー施南生 ツイ・ハーク徐克 フルーツ・チャン陳果 田壮壮 侯孝賢 アンデ    ィ・ラウ劉徳華 賈樟柯 シルヴィア・チャン張艾嘉 ジョセフィーン・シャオ蕭芳芳

『女人四十』という大好きな作品があるのだが、それ以外には『桃さんのしあわせ』と、自らのルーツを探る形の『客途秋恨』ぐらいしかアン・ホイ作品を観ていないかもしれないことに気づいてアーレ―!と思う。お、『傾城の恋』も彼女だったか。
中国人の父親と日本人の母親の間に生まれ、香港で育った女性監督アン・ホイ。母親が日本人だと知ったのが十六歳の時だったという。香港人にしてみれば侵略者としてしか認識していなかった日本人。だが、それを知ったことで母親を理解するきっかけになったらしいのは興味深いことだった。
映画界はどこでもまだまだ男社会だろう。その中で、1980年代から活動し続けている。キン・フー監督のアシスタントから始めたそうだ。どちらかというと社会派という認識だったが、『極道追踪 暴龍in歌舞伎町』ってなんやそれ?多岐にわたっているようだ。

彼女を語る監督や俳優陣が豪華なこと、中華電影好きにはまことにありがたい次第。女人四十の主演女優ジョセフィーン・シャオさんは映画界を退いて久しいから、こんな機会でも無ければ目にすることは無かったかも。DVD欲しいと思ってしまったよ。

もうだいぶ前から、香港映画と言っても大陸の資本が入っている。今や一国二制度など雲散霧消してしまった。この先も香港で映画を撮り続けるということは?
エネルギッシュを絵に描いた、みたいな彼女だから、何かしらうまくかいくぐって香港映画らしい作品を見せてくれますように!

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA