コールドウォー 香港警察 二つの正義

コールドウォーhttp://coldwar-movie.com/

監督 リョン・ロクマン サニー・ルク

出演 アーロン・クォック レオン・カーファイ チャーリー・ヤン エディ・ポン

香港の繁華街で爆発事件が起こる。直後に5人の警察官が乗った車両が消えた。その中に行動班副長官リー(梁 家輝)の息子もいる事がわかる。寒戦コールド・ウォーと名付けた救出作戦が始まる。

彼のやり方が公私混同だと、保安管理班副長官ラウ(郭富城)はリーの捜査手法を批判、対立する。犯人から身代金要求があり、ラウが取引の現場に出向くが、犯人からの指示で混乱を極め、部下を一人死なせてしまう。

そして、密告により汚職捜査部門が介入してくる。

久しぶりに広東語映画を見た。みんな年食ったなあ・・・、90年代香港四大天王の一番若手アーロン郭富城がこんなちょっと脇に白髪をのぞかせる役だあ、あ、チャーリー・ヤン楊 采妮だ、大人の女性だ(当たり前、かつてよく共演した金城武だけに年月が過ぎるわけが無い)などと思ってしまうせいもあり、なかなかストーリーや関係性が頭に入らなくて、前半わかりにくい。アンディ・ラウ劉徳華が保安局長役でゲスト出演、『欲望の翼』では若い警官だった、『インファナルアフェア』では、など頭が寄り道する。ちょっと火薬使い過ぎだってば!派手に。

後半に至り、おお、そういう展開!おお!

リーの息子役、台湾の若手俳優エディ・ポン彭于晏が良い!事を知った。ドラマでは見かけていたけれど、格別興味無かった。失礼しました。で、続編あるよ、という終わり方。結果として、面白かった。インファナルアフェアほどではないけどね。あ、この人誰?と思った汚職捜査のイケメンくん、ブルース・リーの役をやったというア―リフ・リー李治廷だった。

面白いのに、アジアの映画はなかなか、と、ガーデンズシネマのKさんが。数人の観客で見ました。

 

コメント (2)

atcon2014年4月9日(水曜日) at 11:38 PM

アーロン・クォックって、「アンナ・マデリーナ」に出ていた彼ですよね。
あの映画、好きだっだ。最初若者の三角関係の青春映画、という思い込みがあって、期待せずに観たのだけど、良かった!私の好きな映画ベスト3に入っています。あの時の金城武も好き。
ああ、香港映画、観たい!

この間、「インファナルアフェア」の日本版「ダブルフェイス」をテレビで観ました。日本にも西島秀俊という、いい役者がいるなあと、改めて実感しましたよ。

aar2014年4月10日(木曜日) at 8:17 AM

青春映画に出ていた90年代はずいぶん昔のこととなりました。
西島秀俊はいい役者ですよね。“あすなろ白書”となると、もっと前のドラマ、はー。

香港の青春映画・・・広東語のものは長く見ない。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA