真夜中の五分前

真夜中の5分前http://mayonaka5.jp/

監督 行定勲

出演 三浦春馬 劉詩詩 張孝全

「深夜前的五分」という中国語タイトルのハガキがついてきたのは、中国語学習者としてはちょっと嬉しかった。

上海にまだこんな古い街並みがあるのか、というどこかの、時計の修理屋で、日本人の青年が働いている。と、言う設定に無理があるような気がするが、それはともかく。

彼がプールで知り合った女性に、買い物の手伝いを頼まれる。あちこち回った後で、自分が働いている時計屋に行き、古いけれど価値がある時計を差し出す。中国では時計をプレゼントするものではないと、私も教わった。同じ発音で縁起が悪いことを連想させるから。

でも、その時計を送られた彼女の双子の片割れは、喜んでくれた。瓜二つの二人は、子供のころからよく服を取り換えて遊んでいた。

三浦春馬が知り合った方はルオランという名のライター、映画監督・張孝全のフィアンセである方はルウメイという名前の女優。時計は、ルウメイへの結婚のプレゼントとして選ばれた。

ルオランのほうが先に、取材で監督と出会っていた。ルオランのほうが先に演技に関心を持っていた。いつもルウメイに欲しい物を取られる、というルオラン。

そして、ルオランとルウメイはモーリシャスに旅行に出かけ、事故が起こる。生き残ったのはどちらなのか?

9割が中国語のこの作品で、三浦春馬クンはよく頑張って中国語のセリフを話しています。私から見れば立派なものです。たった3か月習ったぐらいで、ここまで、と思われます。が、中国人から見ると、ヘタクソさが気になるらしい。だってえ、そんなに長く中国で暮らしているわけでもないらしい日本人だよ。

作品としては、中途半端な気分で映画館を後にすることになりました。「ドラゴン・コップ」にも出ていた、中国ドラマ「宮廷女官ジャクギ」の劉詩詩ちゃんが、そんなに魅力的か?と思ったりするし。今一つニュアンスに欠けるよね、こんな役には。大きな画面で見る台湾俳優張孝全がなかなかの迫力で、こっちが主役の映画を見たい気がするし。

 

 

コメント (2)

匿名2015年1月11日(日曜日) at 2:30 AM

気になっていた映画ですが、三浦春馬がねえ。あまり好きじゃない俳優で。
でも3ヶ月で中国語でセリフを言えるほどなるなんて、やっぱり俳優の集中力って凄いですね。

aar2015年1月12日(月曜日) at 8:37 AM

中国語の四声(アクセントというよりメロディ)をちゃんと覚えるのは大変だと思います。
今や東京より家賃が高いという噂もある大都会上海なのに、オールド上海を切り取って映像にしているのを、中国人が見たらどう思うのかな?ディスカバー上海?

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA