無知の知

 

 

無知の知http://muchinochi.jp/

監督 石田朝也

私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということを知っている。だからこそ聞いて見たかった。そして福島に行ってみなければならなかった

と監督がまず言っている。

東日本大震災と、福島原発事故の被害に会った人たち、当時の首相だった菅さん、官房長官だった枝野さん、それでもやっぱり原発推進派の学者、などなど、さまざまな人に、監督自らがインタビューしていく。とにかくフラットに、自分の意思を持たないようにして。

いわゆる感想文を書ける映画では無く、どこかで機会があったら見てください。という言葉しか出てこない。

元・原子力委員会委員長が、お慰めする言葉が無い、と、何度か口にした。高いところから民を眺めている神のように。自らが被害者でも有り得たと、発想することは無かったのだろう。

百歩譲って、完璧な廃棄物処理法が見つかったら、原発推進ということも考えられるだろう。地震の無い国であることを条件に。と、私は思っている。皆、それぞれの立場で発言し、出演者の誰かが言ったように、どこまでも交わらない。

 

 

コメント (2)

atcon2015年3月18日(水曜日) at 9:09 PM

見たかったな、この映画。
今、体調不良に加えて、身辺がいろいろ変動があって、当分は映画に行けそうもないです。
夜は早寝するため、寝床で読書が増えたのが、ちょっと嬉しい。
本の紹介もドシドシ、よろしくお願いします~~

aar2015年3月18日(水曜日) at 9:18 PM

本、一冊感想を書いていない、つまりまことに書き難いもので。そして今読んでいるのがなかなか読みにくいもので。ヘンな本に当たっています。
体調はぎっくり腰の影響?身辺変動…?明日も映画を見る予定です。今月の娯楽費はちょっと困る。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA