バカになったか、日本人

著者 橋本治
集英社文庫

このところとみに思っていたことが、そのままタイトルになっていたではないか、買わずにいられようか。日本語を知らん政治家が総理とか副総理とかになってるし、芸能人や政治家の不倫がどーだってんだ、俳優なら芝居が、政治家ならその姿勢が問われるべきだろ、不倫はその家族にとっては大問題だが私にはかんけーない、けど視聴者がその話題に乗ってるのなら、国民がアホなのか?と、いうようなことを思っていましたのさ、私。

Ⅰ 大震災がやってきた日
Ⅱ 楽しい原発騒動記
Ⅲ 原発以上に厄介な問題
Ⅳ そして今は
というパートに分かれているが、適当に拾い読みしてもいい。そして、“文庫版の後書き” を読むと、だいぶ最近の話になる。稲田朋美とか豊田真由子とか。そこからもう一回、パートⅡの“あ、東大法学部だ”を読もう。東大法学部というのは東大の中で一番頭がいいのだそうだ。だから周りのことなんか眼中にないから、抵当にあしらう、から愛想はいい。のだって。

2017年9月25日第一刷発行、の、この文庫版、その後の世の中の政治方面の流れは速く、緑のタヌキさんが希望の党というものを作り、日本は極右の政党の争いになるのかとほぼ窒息しかけたところへ、立憲民主党というものができてリベラル派という人達が何とか息をつけることになった、けれど明日はどうなるのだろう。

まあ、よかったら書店で拾い読みしてみませんか?

私が最初に読んだ橋本治は「桃尻娘」だったかな?古い話。東大のポスターを描いた人としてまず有名になり、自己流でイラストを編みこんだようなセーターを編み、時々テレビに出てきていた、が、今は難病を抱えて『いつまでも若いと思うなよ』新潮新書 などと言う本も書いているのか。そうか、それも読んでみたい。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA