台湾萬歳

http://taiwan-banzai.com/

監督 酒井充子

『台湾人生』『台湾アイデンティティー』に続く台湾3部作のドキュメンタリー。
出演者は台湾の人々。年配の人たちは日本語で教育を受けた世代、日本語が流暢。少数民族アミ族ヤプヌン族の人も出てくる。アミ族が歌がうまいと思っていたが、プヌン族の歴史教師兼シンガーソングライターという人歌うまい。
プヌン族名、中国名、日本名と3つの名前を持つおばあさんは、日本統治時代、もともと住んでいた高地から無理やり現在の場所に移住させられた。

親日家が多い台湾でも、かつて日本人に命じ られて、無報酬で重労働した思い出を語る人もいる。
言語は日本語・中国語・台湾語・民族語が混ざり、相手によって変わる。日本人が持ち込んだ古い漁の方法が今でも受け継がれて、息子の代でも日本語になじんでいる人もいる。

前2作を見ていない人にとってはあまりピンと来ないのかもしれない。

私には興味深い内容で、少数民族の多い台東に行ってみたいと思うものでありました。

コメントをどうぞ

コメント(*必須)

CAPTCHA