MINAMATA

監督 アンドリュー・レヴィタス
出演 ジョニー・デップ 真田広之 美波 國村隼 加瀬亮 浅野忠信

報道写真家ユージン・スミスが(当時の)妻アイリーンと共に1975年に発表した写真集『MINAMATA』、その映画化。
化学会社チッソが起こした公害(水銀の入った排水)により、まずその土地の魚を食べた猫に異常が、そして人間の身体にと広がり、、胎児性の場合は身体の奇形や機能の不全がひどく、その奇病は水俣病と呼ばれることになる。

日本の仕事の依頼のための通訳者だったアイリーン美緒子と出会い、のちに水俣で生活してその生活や患者、抗議活動などにカメラを向ける。

私の年代なら、そして水俣市のある熊本の隣の県の住人なら、MINAMATAやユージン・スミスについて多少の知識はある。写真のかけらぐらいは目にしてきた。彼が第二次大戦中に沖縄で重傷を負い、ずっと後遺症があったことは知らなかった。ほぼアルコールで生きているような人であることも知らなかった。もっとも、映画の中では食べ物を口にするシーンがあったが、沖縄戦の際の負傷で歯を失って流動物中心の食事だったそうだ。その上に、抗議運動がもみ合いになった時にチッソ側の攻撃で片目を失い腕などにも重傷を負った。

天下のジョニー・デップだよ、彼がプロデューサーとしても名を連ねるこの作品が、日本では評価を受けると思う、が、世界では?アメリカでこれを観ようとする人は?と、観ながらも疑問符。

石牟礼道子の「苦界浄土-わが水俣病」をまだ読んでいないのだ。頑張って読んでみたい。

パンケーキを毒見する

監督 内山雄人

首相が岸田さんに代わってから観たのだが。
岸田さんに格別の期待は無い。が、初めてその会見を目にして、ちゃんと日本語を話している、それだけでホッとする楽に聞ける気がした。アベさんスガさんと、本を読むことなど無さそうな日本語の滅茶苦茶さ、質問に対してアベさんはご飯論法、スガさんは質問の意図を汲む能力があるのか?という態度だったから。

で、なにやかやで笑いながら観ましたよ、本当に質問の答えにも何にもなってない答弁、後ろで官僚が原稿を書いて渡さないと何も言葉が出ない。

卒業した大学が議員秘書という仕事を斡旋したんだって。もちろん初めは末端の秘書だよね。で、どんな風に気が利いて、出世してきたのだろう。どんなところで目端が利く人だったのだろう。まず横浜市会議員になって、影の横浜市長と呼ばれたって。かなり初めからお金を集める能力に長けていたらしい。値下げの政治家と呼ばれ、最近では携帯料金を下げ。
叩き上げの苦労人という触れ込みだったよね。数年前まで集団就職で上京したと履歴が書いてあったって。語学講座に通っただけで〇〇大学に留学し卒業したという嘘履歴はよくあるけれど、逆のお方は無いよね。
まともに答弁しようともしないのは、国民を政治から無関心にさせようという深謀遠慮だ説まであるのか。
この映画を観ても、このスカスカのスカさんがどうやって上り詰めたのか?私にはわっかりません。

最近、ツイッターで野党批判を繰り返していた某氏は実は法人であり、主な取引先として自民党と記載があると、わかったという。で、税金からそこに支払われているのかな?すげーなあ。
与党の政治家で、まっとうな人もいるよね、もちろん。この映画にも出て発言していた。

頼むわ、みんな選挙に行こう。時々国会中継を観よう。日本はすでに平均月収のとっても低い国になっているってことぐらい知っておこう。機会があったらこの映画観ようよ。

逃げた女

https://nigetaonna-movie.com/
監督 ホン・サンス
出演 キム・ミニ ソ・ヨンファ ソン・キンミ

5年間の結婚生活の間、夫と一度も離れることが無かったという女性が、夫の出張中に、郊外に住む女友達を訪ねる。それぞれの知人に対して、5年間離れることが無かったと話す。夫は愛する人とは一緒にいるべき、との考えであると。

たずねて行った女友達、ばったり会ったかつての友達(元彼と結婚しているらしい)、三人三様に、気楽そうでありつつ何やら男との関係の面倒さが垣間見える。

淡々と、訪ね、会話し、食事し、5年間離れることが無かった話。格別の事件が起こるでもなく映画は終了する。
ハリウッド映画好きの人には、なんのこっちゃ?だろう。
ただ、ある一部の人には刺さるだろうなあ。パートナーとの関係に微妙なざらつきを感じている誰かとか。
女性たちのおしゃべりが、それはすべて本当のことなのかと疑問符が湧いたり。男が総じてあまり賢くないように描かれている気がするが、監督が男性だから?女性監督がこの状況を描くと、女性への視点がきびしくなりそうだ。そもそも本当に5年間離れることが無かったのか?それも嘘かも、と前提から疑う気にもなる。
で、逃げた女って?

この監督と女優はパートナーであるそうだ。

ホン・サンスという有名な監督の作品を、どうやら初めて観たらしい。私は、ほかの作品も観たいと思います。

孤狼の血 LEVEL2

https://www.korou.jp/  
監督 白石一彌
出演 松坂桃李 鈴木亮平 村上虹郎

第一作目は観ていない。柚月裕子の原作は初めの方を読んでそのまま積んである。一作目の松阪桃李とこの二作目と、姿がおそろしく変わってない?と思ったのと、松阪桃李・鈴木亮平と並ぶと、令和の二大カメレオン俳優じゃありませんか、観てみようかなあ、となり。

久しぶりにヤクザ社会血の嵐の映画を観ましたよ。
かつての広島ヤクザ抗争映画『仁義なき戦い』には詳しくないので比較でものをいう権利は無いが、あの泥臭さとは違う。とは言え、たいそうな惨たらしい殺し方をやってのける鈴木亮平さんなのだった。そして刑事の松阪桃李もまた裏社会とつながって抗争にならない範囲でうまくおさめて来た男だったのだが。

あまりのことに笑ってしまう、ほんとにあまりのこと。でありますが、『鬼滅の刃』の鬼にも何かしらそうなる理由がある、と描かれるのをちょっと思い出してしまいましたね。

この、松阪・鈴木ご両人、なりきることを楽しんだんだろうなあ。

そしてああー、こいつ(誰でしょう)やな奴!違う意味で、とか。

前作役所広司が出でいる方が重厚だったらしい。機会をみつけて見てみます。

シャン・チー テン・リングスの伝説

監督 デスティン・ダニエル・クレットン
出演 シム・リウ トニー・レオン ミシェール・ヨー オークワフィナ

マーベルファンの皆様にはごめんなさい、わたくし映画館でマーベル作品を観たのはこれが初めてです。なのでテン・リングスが一体何なんだか知らなかったし、初めの方の中国語ナレーションを聞き取ろうと頑張ってたけどちゃんと聞き取れず、ちょっと曖昧な理解で始まりました。アイアンマンに出てきた?テン・リングス。

長年の我がアイドル梁朝偉トニーさんがこーんな映画に出る日が来るなんて!それで不要不急の最たる映画鑑賞へ。
数千年前のアジアのどこか、テン・リングスを手に入れて、永遠の命と強大なパワーを我が物とした男、シュー・ウェンウー、腕に5本ずつ嵌めた腕輪こそがそのテン・リングス。あっという間に時は移り、美しい女性に出会い、パワーを捨てて妻子と平和な家庭を築いていたけれど。

現代、シャン・チーは真面目なホテルマン、同僚女性ケイティは車を運転するとなると大変な暴走ぶりとなる。二人がバスに乗っていると、突然武装集団に襲われる。そこで、実は子供のころから武力・殺人術を叩き込まれていたシャン・チーはキレキレの格闘!
そして舞台は急にマカオへ。妹と再会するがまた謎の武装集団が襲って高層ビルの狭い足場で大格闘。えーと、今でも竹を組んだ足場を使っている?とにかく映画の中ではしなる竹組みの足場だった。

妻を失って復讐に燃える父、父から逃げ続けていた息子。

ふっふっふ、面白かったわあ。時々聞こえる中国語は残念ながら広東語ではなく北京語だけれど、香港カンフーアクションの香り、トニーさん楊 紫瓊ミシェール・ヨーねえさんのばりばりのアクション!おいくつになられたかと帰宅後お二人の年齢を確かめましたよ、1962年生まれ!
最後の字幕にベン・キングスレーとあって、はい?どれが?と思ってしまう始末でありました。
マーベルって映画館で観るものよねえ、そりゃわかってはいたけど。おそらくシャン・チー物も続編出来ますね、その節にはまた行きましょう。主役のシム・リウさんどこから湧いてきた人?

ネプチューンの影

著者 フレッド・ヴァルガス
創元推理文庫

この作家を初めて知った。

警察物だが、主人公アダムスベルグ署長は突然のインスピレーションによって事件を解決に導いたりするし、その部下のダングラールは読書家で物知り度が過ぎるし、同じく部下のルタンクールは179cm体重110kgの身体に頭脳も観察力も攻撃力も備えている女性である。そのほかにも誠に異能と言いたい優れた能力を持つ老女が出てくる、いわゆるキャラの立った登場人物たちがぞろぞろ。
3つの刺し傷のある死体が発見される。ネプチューンの三叉槍(トリダン)で刺されたような刺し傷。
ダングラールの弟は、かつて恋人を同じような刺し傷で殺したとされ、追われた。ダングラールが犯人と確信する高名な判事はすでに亡くなっている。

その、犯人の件で、そりゃ無理だろー、どうやってその、と思われることとか、まあミステリーとしては問題がある、ので、好き嫌いは分かれるだろう。私はと言うと、久しぶりにちょっと追いかけたいシリーズにお目にかかった感。好きですよ、この突拍子もなさ、なにしろ女性たちが魅力的過ぎる。『ミレニアム』のリスベットとどっちが?っていうもはや手も震えている天才ハッカーの老婦人とか。
パリ十三区警察署長がカナダのケベックに出張する話で、ケベックと言えばフランス語圏だが、そんなに妙な訛りがあるのか?パリの住人から見ると。古語っぽいのか?そこの翻訳もう少しなんとかならんかったかなあ・・・。

彼岸花が咲く島

著者 李琴峰
出版社 文藝春秋

台湾生まれの女性による第165回芥川賞受賞作品。

白いワンピースを着た少女が、島の砂浜に流れ着いて倒れている。砂浜を覆いつくすように彼岸花が咲いている。
記憶を失った少女は宇実と名付けられる。その島では、ニホン語と女語が使われていた。宇実の話す<ひのもとことば>と似てはいるが、うまく通じない。

現実の地理を思うなら沖縄あたりであろう島。語られているニホン語は、台湾訛りの中国語と、沖縄方言が混じった言語。ノロの女性たちが、<女語>によって島の歴史を受け継ぎ未来へ伝える。男は女語を習うこと、歴史を学ぶことが許されていない。大ノロによって宇実はノロになる修行をすることになる。浜辺で宇実を見つけた游娜と共に。

宇実がかつていた国の<ひのもとことば>は、かつて疫病が流行り、それがチュウゴク起源のものだったために、チュウゴク由来の物は排斥され、言語からも漢字語を追放した結果、漢字語でしか表現できないものはイングリッシュであらわされることになった言葉である。そして先祖にチュウゴクの血がある人間も排斥された、どうやら宇実が流れ着いた理由もそこにあるらしい。

女語をひそかに習得している少年、拓慈の存在、そして普通は彼岸花が砂浜に咲くはずは無いが、麻酔薬として使われることがある特殊なその花は、ニライカナイとされる場所との交易で重宝されている。

現在のコロナ禍でアジア人差別が起こっていること、日本で韓国・中国に差別発言をする人が絶えないこと、ジェンダーの問題、侵略。そう長くないファンタジー仕立の小説の中で、様々なことが語られている。作家が台湾人だからだなあ、と思う作品。1989年生まれ、2013年来日、早稲田の大学院日本語教育研究科修士課程修了の、日中翻訳者でもある人。
芥川賞か?とちょっと思う。いや、悪いと言っているのではなく、例えば上橋菜穂子作品のような私好みのファンタジー、SF的なので。
それにしても、中国や台湾にルーツのある人が文学賞を獲ることがそう珍しくなくなってきて、すごいね、半端な中国語学習者としてはつくづく感じ入りますよ。
基本的に言葉というものに関心のある方にお勧め。

アーモンド


著者 ソン・ウォンピョン
出版社 祥伝社

この表紙、書店でよく見かけたなあ、と思ったのは、友人から(勝手に)貸し出された数冊の中にあったからで。しばらく前の書店押し本だったはず。

失感情症・アレキシサイミア と呼ばれる,扁桃体が小さいことやそのほかの原因で、喜怒哀楽などをあまり感じない症状を持って生まれた少年。おばあちゃんは、少年を怪物と呼んだけれどそれは愛情を込めた呼び名だった。母親は、扁桃つまりアーモンドを。たくさん食べさせ、懸命に、喜怒哀楽愛悪欲の感情とは?の基本概念を覚えさせ、口角を上げたら笑う表情になるなど教える。

事件が起こる。おばあちゃんは亡くなり、母親は病院で植物状態となる。ほかにもかかわった数人が死ぬ殺傷事件。少年の誕生日でもあるクリスマスイブに。

もう一人、不運な生い立ちの少年が現れる。
そして、陸上少女も。

ストーリーはこの辺にしておこう。どっちに向かって行くか?
とてもうまい描き方・運びだと思ったら、この作家、短編映画の脚本などの仕事を先に始めていたそうだ。1979年ソウル生まれの女性。
まだ映像化されていないのかな?
昔々、一時的に、ではあるけれどおそらく他人様から見ればずいぶん無表情の少女であっただろう時期があることを思い出した。鬱傾向のため。

御都合主義な感はあるけれど、2020年の翻訳小説部門本屋大賞作品でしたか、なるほど。

鵞鳥湖の夜

監督 刁 亦男ディアオ・イーナン
出演 胡歌フー・ゴー 桂綸鎂グイ・ルンメイ 廖凡リャオ・ファン 万茜レジーナ・ワン

天下の美男美女をこーんな風に…と、まず思いましたよ、『琅琊榜 〜麒麟の才子、風雲起こす〜』(2015)の麗しの胡歌、『藍色夏恋』(2002)からとても好きな知的な台湾女優桂綸鎂、テレビの中国時代劇では高貴な役でよく見るレジーナ・ワン。

出会いのシーン、雨の夜高架下の暗がりで妻を待つ男。真っ赤なセーターの女が男に煙草の火を借りる。

刑務所で5年の服役を終えたばかりの男が、バイク窃盗団に加わろうとしている。窃盗団の縄張り争いが起こり、バイクで逃走する途中、間違って警官を殺してしまう。男には報奨金が懸けられている。
赤いセーターの女は妻の代理だという。女は水浴嬢と呼ばれる水辺の娼婦。男は、女に通報させ、妻子に報奨金を残したいと思っているのだ。

警察と窃盗団の両方に狙われ、追いかけられる男。どこか南方の地方都市、聞き覚えのあるディスコミュージックが流れ、なぜか底が光る靴の人々が広場でディスコダンスを踊っている。そこに紛れ込んで踊る女。
汚い狭い建物の中で逃げる追う、そこの影は誰の?

泥臭い背景ながら、どこかフランスノワールを思わせ、また、王家衛や鈴木清順の色、時にはおいおい寺山修司か!と突っ込みたいようなシーンも。

ひどいシーンがいろいろ出てくるけど、なんとか「ブンガワン・ソロ」中国語バージョンが出てくるラストまで観てね。最後にちょっと息つけるから。

薬の神じゃない!

http://kusurikami.com/
監督・脚本 文牧野
出演 シュー・ジェン(徐崢) ワン・チュエンジュン(王伝君) ジョウ・イーウェイ(周一囲) タン・ジュオ(譚卓) チャン・ユー(章宇)

2002年上海、インドの強壮剤を売っている店の主チョン・ヨンは、家賃もなかなか払えない経済状態にあった。ある日、慢性骨髄性白血病患者の男が訪れる。中国国内では白血病の薬が高価であるので、インド製のジェネリック薬品を輸入してほしい、と言う。密輸、密売と言う犯罪に手を染めることになるので、断るのだが。金の力には逆らえず。

なーんでボリウッド音楽みたいなのがのっけから流れるんだ、と思ったら、そんなことだった。
次第に白血病ネットワークが広がっていく。初めに輸入を依頼した男、白血病患者のネットコミュニティ管理人の女性、英語を話せる牧師、金髪少年、など。いくらなんでもそんなに発病率の高い病じゃないと思うぞ、ぐらいにずいぶん人数が増えてくるのだが。
そうして警察に目を付けられる。チョン・ヨンは密輸をやめ、別の事業を始める。
が、正規の薬を買えない病人たちの状況を知らされ。
真的假的?と中国人はよく口にする。本物か偽物か?と言う意味だが、それだけニセモノがはびこっているということだ。そういう社会のど真ん中で生活している男、まことにベタな中国らしい描き方(どこから大ヒット映画らしくなるんだか、と思って観ていたよ)、が、だんだんと変化していく。

最後にはうるうるしてしまいますよ。大概の大人の周りには、難しい病気と闘っている身内や友人がいるものだからね。
チョン・ヨンを犯罪者として追う警察側の人間を演じる周一囲は、日中合作ドラマ『蒼穹の昴』で知った俳優、金髪少年は『蔵は静かに眠っている』の人、だけどパソコンで薬を広める女性が『瓔珞』のあの人だなんてちっとも気づかず観てましたよ。