リスボンに誘われて

リスボンに誘われて監督 ビレ・アウグスト

出演 ジェレミー・アイアンズ シャーロット・ランブリング メラニー・ロラン           ブルーノ・ガンツ クリストファー・リー

ジェレミー・アイアンズ演じるスイスの高校教師が、ある朝橋から飛び降りようとしている若い女性を助ける。そのまま一緒に教室に入るが、女性は途中で教室を飛び出す。彼女のコートを持って追いかけるジェレミー・アイアンズ。入っていた本はポルトガルの古書で、古書店で、彼女がしばらくその本を読んでいたけれどある部分に至って表情が変わったと知る。

興味深い書物で、その著者に惹かれ、リスボン行気の列車に飛び乗ってしまう。

高校生ほったらかし。

リスボンの、石畳の坂の街の景色が美しく、行ってみたい気にさせられる。

ジェレミー・アイアンズ爺さんになったなあ…とはじめは思わせる姿なのだが、ポケットに財布やカードは入っていたらしく、壊れたメガネを替えたり、身支度を整えていくうちに素敵に見えてくる。

本の著者アマデウの家を訪ねると、そこにはアマデウの姉が住んでいた。姉を演じるのはシャーロット・ランプリング。

独裁体制下の、抵抗活動、レジスタンスの同志たち、裏切り、恋愛。

ミステリー仕立てで、次第に謎が明かされていくのだが、まあこの映画の魅力は、なんといってもキャスティング。クリストファー・リーが修道院の僧で出てくるが、以後映画に出演することがあるだろうか?名優続々。

ポルトガルが、1970年代まで独裁政権下にあった、って、知らないよね?

若い人が見ても格別面白くないのではないかな。ストーリーとしてそう面白いというものではなく、歳を重ねた年代にとって、ある種の味のある作品になっている。

最後、スイスに帰る列車に乗ろうとする男に、恋愛未満の関係のままだった女が言う。“Why don’t you just stay?”ここにいたら?

妻に去られ、退屈な日常を送っていた初老の男が、すでにこの世にいない男の過去を探って探検の旅に飛び出し、メガネがきっかけで知り合った女にそんなことを言われる、渋いインディ・ジョーンズかい。飛び出された高校の校長気の毒です。原作を読んでみたい。

 

 

GF・BF

GFBF監督・脚本 ヤン・ヤーチェ

出演 グイ・ルンメイ ジョセフ・チャン リディアン・ヴォーン

初めは、短パンを穿きたい、スカートはやだ!とデモンストレーションする高校生の女の子たち、現代。双子の女の子の親代わりであるチョンリャン。

そして、1985年。まだそこは戒厳令下にあった台湾で、高校生だった女の子メイパオと、二人の男子チョンリャンとシンレンは仲のいい友人で、高校生活を謳歌していた。メイパオとチョンリャンはカップルとみなされていた。が、ある日、チョンリャンは、メイパオとは何もない、付き合っているわけではないといういるわけではないと言う。それを聞いて、シンレンはメイパオに告白する。…校内誌にも検閲が入る状況なんだけどね。

台湾の青春映画には、どういうわけかしばしばゲイ・ピープルが登場する。制作される作品数の割合としては多いと思うよ。ネタばれで悪いけど、彼女は彼を思い、彼は彼を思い…という報われない関係。

と、言っても、前半はいかにも台湾青春映画らしいあけすけで楽しげな高校生活が描かれ、素っ裸の男子たちが逃げ回るとか、発禁本を屋台で売るとか、全く!であったりする。流れる台湾語の歌謡曲の中には、原曲が日本の演歌があったり、会話の中になーんか日本語が挟み込まれたり、というのが時代を表しているのかも。

90年、大学生になった男子たちは、学生運動のただなかにある。民主・自由を要求する彼ら。日本とは20年のタイムラグ。

97年、浮気者だったシンレンと、メイパオは不倫している。チョンリャンは既婚者である男との関係を続けている。

2012年、冒頭の双子は、メイパオの娘だった。

私の皮膚のどこか薄いところを突いてくる、大好きな映画でした。報われない想いたち、自由を求める時代の魂たち。

台湾の歴史を知らない人には、よくわからないことが多いだろうけど。

終わり近くに出てくる歌、「埴生の宿」のメロディと重なって歌われる歌、いいなあと思ったら、羅大佑の『家』という曲だった。最後、タイトルバックに流れた曲も良かったな。その2曲のためにDVDを買いたいぐらい。

 

 

西の善き魔女

西の善き魔女著者 荻原規子

角川文庫

初版はだいぶ以前、1997年中央公論社から出ている。マンガ化、アニメ化もされているそうだが、存じませんで。どーしよーかなー、と思っていたのだが、近所の○タヤでは第一巻だけが長く見当たらず。あった!と、買ってしまったら、その日のうちに3巻まで、次の日に4・5・6巻を買って読んでしまった。まあそれだけ簡単に読み進むことができる、もしくは読み進めないことが難しい、といった読み物。

女王の国グラールの北の片田舎に住む少女フィリエル・ディー、父親は天文台で観測と研究に没頭している。母は2歳の時に亡くなり、それ以来、隣に住むホーリー夫妻のもとで暮らしている。15歳で初めての舞踏会に出かけ。追いかけてきた幼馴染の少年ルーンから、父の博士に託されたという青い石のついたペンダントを渡される。

さて、絵に描いたようなお嬢ちゃん向けファンタジーだと思うでしょ、まあ否定はしないけれどこの第一巻は特に、止まらないよ。なんだかあちこちに妙な読者サービスがはさんであるし。私がちゃんと読んだ荻原作品は「レッドデー・ガール」ぐらいなのでほかは良くわからないのだが、なんだこのサービス精神は?

王位継承をめぐるなにやかや、えーと、政治ってこんなよね、ほんとに。

私が好きなのは外伝の6巻金の糸紡げば だな。

ところで、博士はいずこに?

きっと、うまくいく

きっと、うまくいくhttp://bollywood-4.com/kitto.html

監督 ラージクマール・ヒラニ

出演 アーミル・カーン カリーナ・カプール

2009年インド映画。インドの理系エリートを輩出する有名大学の学生たち。3idiotsと副題がついている。3人のおバカ・・・変わり者で自由な、でも優秀なランチョー、動物好きのファラン、いつも神様にすがっている貧乏学生ラジュー。「きっと、うまくいく」が口癖。

途中までは、なかなか下品でドタバタなコメディー、笑えるけれど、まあそんなもの、と、なめてかかって見ていたが、いやいや。

そもそも映画の最初のシーンでは、行方不明だったランチョーが見つかったと大学時代の仲間の一人から連絡があって、集まる、というところからなのだった。どうして彼らは、何をおいても集まったのか?学生時代の彼らの姿から、次第に明かされていく。

九九の暗算は二桁の数字まで覚えるという数学に強い国だというし、IT関係の優秀な人材をたくさん輩出していると聞いているインドの、学歴社会ぶり、理系偏重ぶり、詰め込みぶり、は、こんなものなんだろうなあ。女の子なら医者に、男の子ならエンジニアにする、という発想は、日本人にはあまり無いと思うが。そんな中でも、ランチョーはそのユニークな発想で自由人ぶりを発揮、友達を助け、しかし・・・。・・・。

社会人になった現代に話が戻ると、途中からその結末は見えてくる、のだが、まだまだ捻りが。

主役のアーミル・カーンは、ハンサムな学生に見えるのだが実は四十代半ばとか。恐ろしや。この映画とは関係ないシャー・ルク・カーンは五十に近いが青年の役をやるし。

ついうっかりうるうるしてしまい、予定調和ってこれ?と思われるのにああ面白かった、と感想を口にする、そんな映画です。そして、やっぱりお約束のダンスシーンが!ボリウッドだもん。

 

 

南風

南風監督 萩生田宏治

出演 黒川芽以 テレサ・チー コウ・ガ 郭智博

台湾観光に興味のある方向きの映画です。

藍子26歳、恋人には振られ、仕事は希望部署から外れてしまった出版社勤務の女性。サイクリングイベント取材のために台湾に来た。頼るつもりの友人は妊娠中で、知らない土地に放り出された状態。

レンタサイクルを借りるために自転車屋に寄ると、そこに現れたのは元彼を奪った女そっくりの女の子。その女の子トントンがガイドをすると言い張り、二人、自転車で日月譚までの旅をすることに。

ってさあ、私は一度しか台湾に行ったことは無い、でも、自転車で台北から九份に向けて走るなんて有り得ない!でしょう。しかも、初めママチャリで、って。台湾で腕を丸出しにしたまま自転車!山に向かって!

基隆、富貴灯台と、走っていると、イケメンサイクリストを見つけて追いかけるトントン、アクシデントにより、イケメン男と知り合い、淡水へ、そして新北のサイクリングロードへ、永安漁港~台中~龍騰断橋跡~天后宮~鹿港巷~日月譚へ。…どんな脚力じゃ。イケメン男のユウくん、そしてイベント企画をした日本人ゴウは実はいとこ同士で。ちょっとした恋のさや当てとか。まあほんのちょっとした。

で、一年後、愛媛で、日本台湾合同のサイクリングフェスタ。

まあそんなお話なんで、台湾行きたい人、どんな場所があるか、観光案内として見て下さい。黄河クンはなかなかいい感じの男の子さんですよ。タイトルは、みなみかぜ じゃなくて なんぷうと読むのが正しいようです。

るろうに剣心 京都火災編

るろうに剣心 京都火災編http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/index.html?oro=mile

監督 大友啓史

出演 佐藤健 武井咲 青木崇高 藤原竜也 神木隆之介

久しぶりに、子供がたくさん入っていてポテトチップスの油の匂いや音がしていて、流行っている大作を見てきましたよ。「るろうに」は映画館で見なきゃ、と思っていたのに前回は見そびれて、もちろんTVでは見たけれど、これお茶の間で見る作品じゃあござんせん。それに、小さい子供にお薦めの映画でも無いと思いますぜー。

まあB級アクション好きとしては実に楽しく面白く、無残なシーンだというのに笑い顔が止まらない、のでした。佐藤健の身体能力の高さあってこそのこのアクション、神木隆之介の演技力その表情、藤原竜也の扮装あのぐるぐる巻き固めでずっといるだけでも大変だあ根性だ、武井咲サンもあんなお嬢様顔で根性ありそう!なんてね。いやいや、いまどきの若い俳優さんたちよ、君らは偉い!全然若くない田中泯サンも偉い!

ごめんね、原作マンガもアニメも見てないから、比較してどうとか全然わかりません。まあ今の日本映画のアクションはかつての香港映画に全く引けを取らないね、うれしいね、と浮かれて見てしまいましたさ。アクション監督谷垣健治あんたも偉い!

そして、9月13日だったか、後半公開。

 

二つ目の窓

二つ目の窓監督 河瀬直美 http://www.futatsume-no-mado.com/

出演 村上虹郎 吉永淳 杉本哲太 松田美由紀 渡辺真起子

 

いい映画なんだけどなあ、しゃべりすぎ、説明しすぎ、詰め込み過ぎ。台詞を三分の一にして編集しなおしてほしい。

奈良の人だと思っていた河瀬監督は、ルーツが奄美だそうで、思い入れが強かったのか。

島口と鹿児島弁と標準語と関西弁が入り混じっている。いまどきはそんなものだろうな。ずっと島口でしゃべってもらっても、字幕が必要だし。

UA(ウーア)そっくりの虹郎くんだ。UAのお母さんも奄美出身だそうだから、如何にも、の顔立ち。実の父親である村上淳が、離婚した父親役で出ているが、おかあさんそっくりだなあ、というようなセリフがあり、そこはその映画のではなく実のおかあさんと、という実感を込めたのだろうな。

高校生のカップルの、女の子の方の母親役が松田美由紀。ユタ神さまだが、病気で残り少ない命。いよいよ、となって、自宅に戻って終わりの時を迎える。近所の人が集まり、死にゆく母のリクエストで「行きゅんにゃかな」を三線を引きながら歌う人、踊る人、それに合わせて手を動かす母、賑やかな六調も出て、その中でしあわせに逝く。理想の死に方だ。泣いてしまったよ。

美しいシーンはいくつもある。少年も少女もとてもいい。

ああもったいない。生きる事、死ぬこと、命をつなぐことなど、テーマを口にしてしまっている。

 

罪の手ざわり

罪の手触りhttp://www.bitters.co.jp/tumi/

監督 賈樟柯ジア・ジャンクー

出演 姜武ジアン・ウー 趙涛チャオ・タオ 王宝強ワン・パオチアン 羅藍山ルオ・ランシャン

うーん、現代中国中国の田舎の、貧しさ、格差、閉塞感は、80年代日本の「そこのみにて光り輝く」の姿を圧倒するなあ。

賈樟柯の作品は、初期のものを除いてオフィス北野が関わっている。なんだかなあ、ことさら北野カラーだなあ、今回、と思いつつ見る。追い剥ぎのような目に会うかと思いきや、その追い剥ぎを撃ち殺す男。後にわかるが、彼は、重慶の家族には出稼ぎと言って、強盗を繰り返し、仕送りをしている。

山西省の炭鉱で働く男は、村の共同財産であったはずの利益が実業家と村長によって独占されていると疑っている。

湖北省の女は、不倫の関係の男と関係を切れないままサウナ(性を売る女がいる)の受け付けをしている。

広東省の縫製工場で働いていた若い男は、同僚にけがをさせたことでそこを辞め、香港や台湾からの客を相手にするナイトクラブのボーイになる。

私は中国語学習者だが、この映画ではなまりがひどくて聞き取れない。そして彼らが起こす殺人、或いは自殺、それは実際に起こった良く知られた話だそうだ。映画の中で、いわゆるドサ回り芝居であるらしい京劇(かな?)の内容に触発されて銃を取って行動に移したり、その内容と自分の心の中を二重写しさせたりするシーンがある。

中国での正式上映の可能性を、初めから捨てているのだろう。性産業は中国には存在しないことになっているはずだ。ちなみに幽霊とか高校生の恋愛とか婚前性愛とかできちゃった婚とか、無いことになっている。

なかなか人が入らないよね、こういう映画。カンヌで脚本賞獲ったと言えど。監督夫人でもある趙涛がナイフを手にしているシーンが、そりゃあ素人のナイフあしらいじゃ無い!と思われたが、監督はなにやらあれこれ武侠映画を意識していたらしい。なるほど。

 

 

 

マダム・イン・ニューヨーク

監督 ガウリ・シンデー

マダム・イン・ニューヨーク出演 シュリデヴィ アディル・フセイン メ―ディ・ネブ―

料理上手な主婦シャシは、ビジネスマンの夫、二人の子どもを持つ主婦で、お菓子を作って配達する副業もしている。彼女は英語が苦手で、それがコンプレックスだ。

ある日、ニューヨークで暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれる。家族より先に一人でニューヨークに行くこととなる。

たいがいの日本人には身につまされる状況だ。ツアーじゃなくて一人でアメリカに行く、一人入国審査に向かう。ああ、パーパスとか、単語を聞きとれるかなあ、私もまことに心細いぞ。

カフェでは言葉がなかなか通じず、店中を混乱させてしまう。水は炭酸入り?無し?コーヒーはどれ?カプチーノ?ラテ?サンドイッチの中身は何?

4週間で英語が話せるようになる という広告を目にして、申し込むシャシ。教室で、カフェを飛び出して泣いていた彼女にコーヒーを差し出してくれたフランス人ロランに出会う。

4週間で話せるようになるかもしれない。片言の英語しか共通言語が無い外国人だけのクラスに入れば。なんとかしてコミュニケーションをとらないとどうにもならないから。そしてロランはシャシに一目ぼれしている。だって、ほーんとにゴージャスなインド美人なんだもの、シャシは。演じるシュリデヴィは、4歳でデビューした大女優さんなんだって。突然の集団ダンスシーンが付き物のボリウッド映画のスターだったそうだ。15年ぶりの映画だそうだ。50歳には見えなかった。

外国人に好意を寄せられるオマケもついて、4週間のレッスンで彼女が得たのは、自分に対する自信だった。姪の結婚式で、英語のスピーチを頼まれた彼女は、「対等」な立場のものである結婚について話す。

ゴージャスインド美人のお母さんはマイケル・ジャクソンのダンスの真似だってできるのだ。そのシーンいい。

日本人にはよーくわかる内容の映画なんだけどなあ、鹿児島ではなかなか人が入らないかなあ。誰が見ても、★4つぐらいは付けると思うよ。

 

そこのみにて光り輝く

そこのみにて光り輝く監督 呉美保

出演 綾野剛 池脇千鶴 菅田将暉

こんな昭和な、閉塞感に満ちた作品を、どんなターゲットに向けて創ったんだろうと、見始めてしばらく思っていた。

パチンコ屋で使い捨てライターを渡したことから、その人懐こい青年に誘われて彼の家に行く。海辺の、バラックのような家で、青年の姉と出会う。お互いに魅かれた様子。

姉・千夏役の池脇千鶴は、大体この人が出ていればいい作品だろうと私は思っている。いい女優だ。最後のシーンの、その表情。

なぜか私は綾野剛にさほど魅かれないが、悪くないよ、もちろん。

が、これは、菅田将暉の映画だと思う。あまり頭は良くなさそうだし粗暴だが気のいい人懐こい拓児そのままに感じられる。NHK朝ドラ「ごちそうさん」のイメージなどどこにも無い。こんな俳優だったんだ。

寝たきりの父親、傷害事件を起こして仮釈放中の弟・拓児、母親、を、食べさせるために、体を売っていた。昼はイカの加工場で働いている。拓児は、妻子ある千夏の男の紹介で仕事をしている。

そして、綾野剛演じる達夫は、発破の事故で仕事仲間を死なせてしまって以来、仕事をせずに無目的な暮らしをしている。

70年代初めのにっかつロマンポルノか、と突っ込みたいような状況。母親は伊佐山ひろ子サンだしね。背景は80年代だそうだ。歪んだセックスの形がいくつも。寝たきりなのに性的欲求だけは健在の男を演じているのは田村泰二郎、状況劇場出身の俳優さんだって。

いい方向に動きかけたところで、ひどい事件がまたひとつ、ふたつ・・・どう転ぶ?

ラストに来て、じわりと潤む。重ねて言うが、ラスト近くの池脇千鶴の表情!