リザとキツネと恋する死者たち

リザとキツネと恋する死者たちhttp://www.liza-koi.com/
監督 ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ
出演 モーニカ・バルシャイ デヴィッド・サクライ ゾルターン・シュミエド

ハンガリー映画、で、トミー谷という、かつて人気があってもう亡くなった歌手が、なぜか出てきて。という程度の、なんか変な映画らしいという情報だけで観た。

なんじゃこりゃ!なんだって九尾の狐、何ゆえ那須?ハンガリー映画だっちゅうに何やらヘンテコな日本語が出てきて。トミー谷という歌手は全然トニー谷(知らない?昭和30年ぐらいまでに生まれた人しか知らないか、という歌うコメディアンですよ)には似ていない、この名前は偶然の相似なんでしょう(か?)。

元日本大使夫人の、住み込み看護婦リザ、夫人が好きだった今は亡き歌手トミー谷の姿が、リザにだけは見える。日本の恋愛小説を読み、その恋愛にあこがれている。
リザの留守中に、夫人がベッドから落ちて亡くなる。その後、リザが出会う男出会う男、みんな死んでしまう。妙な男ばかりだ。鯉のメープルシロップ煮が好き(!)な男とか。その男は鯉の骨をのどに引っかけて死ぬのだが。

で、夫人の親族は、リザが夫人のお金を取るため殺したと主張し、警察はその後の男たちの死は彼女が仕組んだものかと疑い。お金が無くなったリザが下宿人を置くことを思いつく。そこへ、刑事のゾルタンが、監視のために下宿人となる。

あれやこれやの合間にトミー谷の妙なダンスと日本語の歌が入る。

だから何だって?

監督が映画祭で日本に来た時に、那須が気に入ったらしい。その時に九尾の狐伝説を知ったらしい。

そりゃもういろいろ日本のポップスを研究したらしい。

かつて、鈴木清順監督が中国のチャン・ツーイーとオダギリジョーで『オペレッタ狸御殿』という妙な映画を撮り、カンヌで特別招待作品として上映された。こーれをカンヌに持って行ってだーれが理解する?という作品でありました。それと双璧を成すようなナンジャコリャ映画であります。でも、ハンガリーでヒットしたんだって。どこかの映画祭で賞を獲ったんだって。

メックバーガーという店で蟹バーガーなるものを食べるシーンが何度か出てくる。時代設定は70年代で、その頃のハンガリーは社会主義国、バーガー屋さんとか小道具の雑誌メトロポリタンなどは存在していなかったって。まあそういうことを頭に入れて観たほうが、こんな映画が誕生するわけが、わかる、かなあ?

とにかく、印象には残る、長く話のタネになりそうな映画、です。

手から、手へ

手から、手へ詩 池井昌樹
写真 植田正治

やさしいちちと
やさしいははとのあいだにうまれた
おまえたちは
やさしい子だから
おまえたちは
不幸な生をあゆむのだろう

と、始まる一篇の詩を、見開きの左側には植田正治の写真を配して、一冊の本にしたもの。

ずるいよ。この詩人も、この写真家のこともとても好きな私には、うっかり手に取って少し目を通してしまったら、もう手放せない気にさせる、そんな作りだ。

どこかで出あったら、手に取ってみてね。いい本だよ。

あやしい彼女

あやしい彼女http://ayakano.jp/
監督 水田伸夫
出演 多部未華子 倍賞美津子 小林聡美 要潤

オリジナルのは映画は韓国の『怪しい彼女』、その台湾版リメイク『二十歳よもう一度』、そして日本版『あやしい彼女』と、同じ内容の映画を見ること3作目。話はわかっているのに、十分楽しめました。ベトナム版も作られてるんだって。ドイツとか西洋のお国でもリメイクが計画されているらしい。

73歳の、バリバリのおばちゃんもしくはおばあさんが、町の写真館から出てきたら二十歳の娘になっていて、というお話。若くして母になって遊ぶ暇無く過ごしてきたおばちゃんが、青春を取り戻し、バンドの歌手になり。

多部未華子ちゃんキュート!本人が歌をレッスンして歌ったという。なんだかねえ、「悲しくてやりきれない」でうるうるしちゃいましたよ。そこまでうまいわけでもないのだけどね。おばちゃんは倍賞美津子と聞いたときは、なんで?全然似てない!と思ったものだけど、そう違和感ないのが映画作りってものか。

同じ内容でも、それぞれのお国柄に沿って作られていて、少し笑いのツボなど違って、何度でも十分楽しめる。(韓国人監督が中国の女優・周迅を主役に『猟奇的な彼女』のまずい焼き直し『更年奇的な彼女』を撮ったのと、どうしても比べましたさ、しかもあれ吹き替えしか上映しなかったし)

どれか一作だけ見た人、ちょっと見比べてみてもいいと思いますよ。

更年奇的な彼女

更年奇的な彼女監督 クァク・ジェヨン
出演 周迅  佟 大為

なぜだ?何故だ?ナゼだ?どうしてこの映画を日本語吹き替えで上映することにしたんだろう。しかも藤原紀香で。そして最後に華原朋美の歌が流れるって!

韓国映画「猟奇的な彼女」の監督、だから、日本で受けると思った・韓流作品と勘違いした客が来ると思った?

周迅は大好きな女優です。1974年生まれですが、20代で更年期症状を起こす役に、無理は感じないほどの童顔で小柄で、だけど顔に似合わない低い声が魅力の、とてもうまい女優さんなんです。
中国が韓流ブームだし、今の時代、こんな軽ーい作品が、大陸ではヒットするのでしょう。トン・ダーウェイも、いかにも人のよさそうな顔、いい味の俳優ですよ。ではございますが、せめて字幕で本人の声で上映してくれい!

韓国人で演じた方が絶対しっくりくるだろうという、素っ頓狂な設定。ウェディングドレス姿で大学の卒業式に出席、それで恋人にプロポーズするって、そして今はまだ結婚したくないと言われるって…あほな。それで若年性更年期になったと言われてもなあ。

まあなんとか最後まで見たらほんわかするんだけど、まことに残念な映画でございました。

やがて警官は微睡る

著者 日明恩
双葉文庫

『それでも、警官は微笑う』『そして、警官は奔る』に続く警官シリーズ第三弾。待やがて警官は微睡るたせたな、と書店にあって、待ちましたよもう出ないかと思った、と、買ってしまう。渋い警官とチャーミングな新入り警官の話だったことしか記憶にないほどの時間が経ち。
そしてああ面白い!

横浜みなとみらいJR桜木町駅前にオープンしたばかりのホテルが舞台。誰かの近未来マンガにありそうな性格奇形の白人双子少年たちが、にっこり笑って人を殺め、犯罪を楽しむ。
のだけれど、ナチスが戦時中にユダヤ人やポーランド人から略奪した財産や美術品を取り戻し、正当な持ち主に返す、という目的が、バックにいる老人にはあるのだ。

たまたまホテルで見合いをしていて、不調に終わった警視庁刑事の武本が、そこにかかわってくる。
ホテル内部関係者」に犯罪者がいることが、読者には早々と明かされ。

新入りだった潮崎は、今や三十三歳の神奈川県警警視、茶道宗家のお坊ちゃんにしてミステリーマニア、よくしゃべるというキャラクターはそのままだけど。

多国籍犯罪グループによるアメリカンコミック映画化作品にありそうな設定、の中に、若いホテルマンの(短期間での)成長とか、旧態依然とした警察体質とITの発達とか普通の人の普通の話が織り込まれ。

この話で生き残った犯罪者が二人いるのだから、いずれまた続きがあるだろうし、不調に終わったはずのお見合い話にも続きがあるはずで。お見合い、からの、恋愛を早くさせてください、待たせずに。

 

 

恋人たち

恋人たちhttp://koibitotachi.com/
監督 橋口亮輔
出演 篠原篤 成嶋瞳子 池田良 安藤玉恵

ほぼ最後まで閉塞感極まれる状態、最後の最後に、ここに至るか…と、いう、その終わり方、結局のところ観た者に残す感覚。

橋口亮輔の作品というだけで、ほとんど知識のない状態で観た。
通り魔殺人で妻を失った男、雅子さまの追っかけをしていた平凡な主婦、同性愛者の弁護士。恋人たち、というタイトルに対応するのはこの三人、と、言うことになるが。タイトルのイメージからはかけ離れたものだ。

脇の人間たちに、あるいは主役たちの誰かに、しばしば失笑してしまう。あからさまな詐欺師、詐欺にやすやすと引っかかる主婦。愚かさ、下品さ。無神経さ。

『渚のシンドバッド』『ハッシュ』大好きな映画たち。『ぐるりのこと』も良かった。あ、『二十歳の微熱』なんてのもあった。この「恋人たち」は、観なくても良かったかなあ、とどこかで思ってしまうまでの閉塞感、救いの無い。それにしても、健康保険を一週間分発行するなんてことが実在するのか。払える金額次第で。
男の職場に、手を差し伸べてくれる様子の人間がいるけれどそれにも何か裏があるのか?と、観る側が勘ぐってしまう。

そうして、最後、タイトルバックの空、を見ながらなぜかなぜか、一筋の清涼感らしきものを、受け止めてしまうというこの、妙な裏切られ方。

2015年キネマ旬報日本映画ベストテン一位。でも、そうそうひとさまにお薦めしません。橋口亮輔監督はゲイの人で、いつもゲイの出てくる映画を作っています。今回の主役はほぼ無名俳優たち。生々しい。

女が眠る時

女が眠る時http://www.onna-nemuru.jp/
監督 ウェイン・ワン
出演 ビートたけし 西島秀俊 忽那汐里 小山田サユリ

ひ・さ・し・ぶ・りに、うう~う、どこに連れて行かれるんだあー、という気分の映画を見たのだが、じゃあ前にどんな映画でそんな気分を味わったか?記憶にない。

作家の夫と編集者の妻が、リゾートホテルで一週間過ごすためにやってくる。と言っても、妻は仕事がらみなので、留守がちだ。
そこで見かけた初老の男と若い女性のカップルから目を離せなくなる作家。

どこまでが事実で、どこから作家の幻想なのか?男は何者で、この関係は何なのか?
作家は処女作が評判になった後、2作目があまり売れず、スランプであるらしい、が、なんでそんなにマッチョなお身体なんだかなあ。編集者の妻と作家の夫なんて私だったらそりゃあいやだと思うが、余計なお世話な話だ。

初老の男は、眠っている若い女の写真を撮り続けている。

創作につながる好奇心がくすぐられた、のだと思われる作家、それがどんどん、狂気をはらんだ空気をまとっていくのだが。

結局、何がどうだったのかわからないまま、なので、この映画、ダメだという人はいるだろう。
ビートたけしが演じなかったらいったい誰が?と、ちょっと考えながら見ていたのだが。ビスコンティの「ベニスに死す」の作家を思い出しつつ。
肉体美が過ぎることを除けば西島秀俊はぴったりだし、ほかのキャストもとてもいい。なんだかわけわからない極致のリリー・フランキーとか。

香港生まれアメリカ在住のウェイン・ワン監督が、スペインの作家ハビエル・マリアスの短編を、日本で撮ることを提案したのだそうだ。コン・リー、ジェレミー・アイアンズの「チャイニーズ・ボックス」「スモーク」「ジョイ・ラック・クラブ」などの監督。そしてエンドロールに台湾映画「恐怖分子」の女優コラ・ミャオの名前が!監督の奥さんになっていたんだった。

原作を読みたくなって探したのだが、短編なのでそれにくっつけて映画のノベライズまでで本になっていた。それは要らないし。

曖昧模糊としたところに連れて行かれるが嫌いじゃない人と、退屈だという人に二分されるだろう作品です。

魔法の色を知っているか?

魔法の色を知っているか著者 森博嗣
講談社タイガ

ヤングアダルト向けの文庫だな、講談社タイガって。
抜歯した後のクッソーな痛みは治まったけれど、まだジーンとうずいている状態の時って人のやる気を失わせる、ので、何か軽い物でも読んでぐうたらしよう、と、選んでみた。

Wシリーズというものの2冊目だそうだ。でもこれだけでも十分読める。
今のまま、感覚の鈍い政治家たちに任せていたら、いずれそんなことだろうか、という、生殖による方法では、ほぼ人類が増加しなくなっている近未来が舞台。その分、とっても長生きしている。が、チベットのある地域で、まだ子供が生まれているらしい。その、特別居住区で、会議があり。

森博嗣のものは、S&Mシリーズ数冊、ともう少し、ぐらいしか読んでいないのだが、おーい、『すべてがFになる』の真賀田四季博士とつながっちゃったよ、困るじゃないか、いろいろリンクして伏線になったり、ほかを読みたくさせる名人なんだろうなあ。

一時作家引退していたはずだったのにね、この作家。

せっかく本の断捨離したのになあ、シリーズ一冊目の「彼女はホームで歩くのか?」も読みたいし。章の冒頭に出てくる引用文は何だ?と思ったら「ニューロマンサー」ウイリアム・ギブソン作、だそうで、それも気になる。ずるいぞ。

追記
読み返してみた、「えっと、彼は女性なの?」というセリフに気付いた。この作家が時々挟む遊び…。

三匹のかいじゅう

三匹のかいじゅう著者 椎名誠
集英社文庫

『岳物語』の、その岳くんの子どもたちの代になっていたかあ。アメリカで育っていた孫たちが、椎名誠じいじいの元にやってきて。

私が知らなかっただけで、『大きな約束』『続 大きな約束』という、アメリカでの孫との交流の物語がすでに出ていたのね。

アメリカで暮らしていた子どもたちに、とりあえずしばらく日本での生活を体験させたいという親心で、日本でじいじいと遊ぶ生活が始まる。始め5歳だった風太君と2歳の女の子海ちゃん、は、「じいじいの家のトイレにはお化けがいる」と言う。どこも触らないのに灯がつき、どこかでブーンと音がする。勝手に水が出る。おばけがでないようにとじいじいはトイレの電気のプラグを抜いてみる、と、すべての水が流れなくなってしまう。小さな孫のために、彼らが用を足す時にはプラグを抜き、あとで水を汲んで流すじいじいであった。

そして日本で生まれた琉太くんが加わり、三匹のかいじゅうである。

じじ馬鹿なお話と言ってしまえばそうだけど、楽しく面白く一気に読みました。

ある時期、椎名さんよりもその奥さんの渡辺一技さんの著書を追いかけていた。若いころ保育士さんだった一技さんは、後にはハルビンだのチベットだのに旅する人になった。確か着物姿、モンペで山登りとか。
この家のじいじいもばあばあも、視界の広いおおきなひとだ。きかんぼうの琉太くんが机から落ちて骨折した時の慌てぶり、風太くんに始まるインフルエンザ連鎖のときの心配ぶりは、ごく普通のじいじいだが。

『岳物語』にはまっていたのは私ではなくて妹夫婦で、男の子が生まれたら岳という名前にすると言っていたものだ。生まれたのは女の子だったから岳という名前にはならなかったけれど、その息子の名前には近い。

改めて『岳物語』や一技さんの本を読み返したくなる。まあその前に、『大きな約束』を探すとしよう。

最愛の子

最愛の子監督 ピーター・チャン(陳可辛)
出演 ヴィッキー・チャオ(趙薇) ホアン・ボー(黄渤) トン・ダーウェイ(佟大為)

こういう中国の事情について知らない人が見ると、衝撃だろう。
ある日、我が子がいなくなる。何者かに連れ去られたのだ。日本であれば身代金を要求される誘拐事件か、と思われるが、中国ではそうではない。ただ連れ去られ、どこかに売られる。大概は男の子であり、男の子を必要とする農村などに連れて行かれる。

中国では1979年から一人っ子政策が導入された(少数民族はその限りにあらず)。人口が増えすぎることを抑えるため。社会的環境的いろいろな悪影響を抑えるため。それによって別種の悪い事情が生まれる。小皇帝と呼ばれる甘やかされた一人っ子、という普通の問題に始まり。

働き手の欲しい農村で男の子に恵まれないと、人さらいの組織から子供を買う、というおよそとんでもない事態までも、年間20万件という公的発表よりずっとたくさん起こっているのだそうだ。
TV番組でニュースやドキュメンタリーを見ていたので、その誘拐・人身売買の実態については知識があった。インターネット、SNSを駆使して探す親たちのことも。

何年もかけて、やっと我が子を見つける。大団円、にはならない。子は、育ての親の下で、貧しくても幸せに育っていたのだから。…そこから先のドラマが厳しい。

育ての母を演じる趙薇は、目鼻立ちの大きな華やかな女優だが、化粧っ気のない素顔をさらして演じている。彼女自身が安徽省出身で、この作品の中では安徽省方言をしゃべっているということだ。

映画の最後に、モデルとなった実在の人々が出てくる。それぞれを演じた俳優たちも、監督も同じ場に。

あー、最近二人目の子どもを持つことが許される状況になったようだけど、そして今までも罰金を払えば二人目三人目を生むこともできたから、大金持ちは複数の子どもを持ったりしているけど、お金を払えない内陸部の人々の中では、戸籍を持てず、教育を受けられず、医療も受けられない人が、数千万?~数億?と言われている。13億~14億となっている中国の人口は、実はどうなのか把握されていないんだね。観光に来て爆買いしているのは、その中の砂粒ぐらいの人なのかもね。