「光る砂漠」 矢沢 宰


hikarusabaku私の手元にあるのは、たぶん30年以上前に購入した詩集。
久しぶりに本棚から取り出してみました。文庫本はほとんど捨てるか売るかするのだけど、画集、詩集、写真集、と集の付く本はなかなか捨てられません。
矢沢宰さんは14歳から詩を書き始め、21歳で亡くなっていますが、この「少年」という詩は20歳の頃の作品。こんな美しい詩は若くなければ書けない、そう思います。

 

 

 

少年

矢沢 宰

光る砂漠
影をだいて
少年は魚をつる
青い目
ふるえる指先
少年は早く
魚をつりたい

コメントはこちらから

お名前は必須項目です。

CAPTCHA


画像を添付できます(JPEGだけ)

「光る砂漠」 矢沢 宰」への2件のフィードバック

  1. atcon 投稿作成者

    コメントありがとうございます。
    とても古い詩だけど、詩の美しさは色褪せることはないですね。

    返信