第29回 2018宮崎国際現代彫刻・空港展のご案内


2018 宮崎国際現代彫刻・空港展

平成30年9月2日(日)~9月17日(月・祝)(最終日は15時まで)
会場:宮崎ブーゲンビリア空港 1階 オアシス広場

当サイトでご紹介しています、通畠義信氏が毎年参加されています。
「鉄のオブジェ」YOSHINOBU TORIBATTA

宮崎県内を中心とした全国、海外の彫刻家グループによる国際彫刻展です。
国内から45名、海外から7ヶ国13名、合計58名の
彫刻作品が一堂に並びます!

彫刻といっても、木や石、鉄やガラスなど多様な素材を用いた
具象・抽象彫刻など様々な作品です。
会場では、一部の作品には触れることができます。
実際に触れてみて素材の違いを手触りで体感してみませんか?

彫刻といっても、木や石、鉄やガラスなど多様な素材を用いた
具象・抽象彫刻など様々な作品です。
会場では、一部の作品には触れることができます。
実際に触れてみて素材の違いを手触りで体感してみませんか?

宮崎ブーゲンビリア空港のサイトから引用

「宮崎ブーゲンビリア空港」は、いかにも南国っぽい名前がインパクトありますね。
「宮崎ブーゲンビリア空港」のサイトには、こんな面白動画もアップされています。
ついでにこちらもご紹介します。

「驚きI!滑走路で踊ってみた 現役空港スタッフ 踊る宮崎ブーゲンビリア空港」

YouTube Preview Image

 

コメントはこちらから

お名前は必須項目です。

CAPTCHA


画像を添付できます(JPEGだけ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

第29回 2018宮崎国際現代彫刻・空港展のご案内」への1件のフィードバック

  1. かたやま よういち

    初めまして。
    この度は記念すべき第30回宮崎国際現代彫刻・空港展をご開催でき、誠におめでとうございます。
    作品の中に韓国からの出品で金 知鉉作の「Goiden Bullet Man」という作品がありますが、この作品についてはとても芸術的な彫刻とは、とても思えませんし、彫刻展にふさわしくないと考えます。
    作品名を簡単に訳せば、「きんたまおとこ」になり、作品上部は男性性器の形に似せていますし、作品中心部には男性器そのままの形の彫刻があります。
    宮崎県の芸術性溢れる彫刻展ですので、作品選定にはもう少し慎重にお願いできたらと思っております。今回の作品展はとても残念に思います。
    できたら、この作品の展示はなさらないでください。
    ご検討よろしくお願いいたします。

    返信