年別アーカイブ: 2016年

生活を彩る革の作品展

山﨑恵子グループwith山田利喜子

2016年10月1日(土)~10月10日(月) am11:00~pm5:30

我が家de個展
ギャラリーときどき にて

img010

原口倫子先生に師事して革工芸の手ほどきを受けた、仲間たちの作品展。
木の葉ブローチの手作り体験もできるそうです。(要材料費:100円)

追記:写真を追加しました。

山田利喜子さんよりコメント欄に写真をいただきましたので、追記掲載致します。
コメントによると、革の小物やバッグがかなりたくさん搬入されたそうです。
山田さんの新作バッグも9個~10個出品するとのことですので、見応えのある作品展になりそうですね!
0-32569-tn

我が家de個展
ギャラリーときどき/鹿児島市薬師町2-16-18 TEL/099-255-5575

[mappress mapid=”28″]

「加藤勝海日本画展」のご案内

20016年9月9日(金)~9月20日(火)

11:00~17:30(最終日:16:00 休館日:木曜日) ギャラリーセージにて

img009

ギャラリーセージにて

TEL:099-210-5802
駐車場3台有
鹿児島市城西2-10-22
城西中西門裏
環境未来館近く

[mappress mapid=”27″]

「森 一浩 展」のご案内

20016年7月1日(金)~7月12日(火)

11:00~17:30(最終日:16:00 休館日:木曜日) ギャラリーセージにて

7月1日は15:00からギャラリートークが開催されます。

mori

mori03

「第1回枕崎国際芸術賞展」に通畠朋子さんが入選しました!

枕崎市が今年から開催する「枕崎国際芸術賞展」。その記念すべき第1回目に、当サイトでご紹介しています通畠朋子さんが入選されました。
おめでとうございます!

「枕崎国際芸術賞展」は、

「国内・国外を問わず広く作品を募集することにより,優れた作品の発表と鑑賞の場を提供し,芸術文化の発信地として,国際文化交流と地域文化の向上を図る」

というもの。

展示会期:平成28年7月18日(月・祝)~9月4日(日)
展示会場:枕崎市文化資料センター南溟館

詳細はこちらから→第1回目の現代美術の国際公募展「枕崎国際芸術賞展」

会期も長く、私も観に行くことができそうなので、今から楽しみです。
makurazaki

枕崎市のウェブサイトによると、7月24日(日)には、南溟館でアートマーケットも開催されるようです。
南溟館アートマーケット

「普段使いの帽子とぬいぐるみたち」SA帽

2016年6月3日(金)~14日(火)

11:00~17:30

ギャラリーセージにて  休館日/木曜日  最終日/16:00

img006

6月12日(日)pm15:00から
Sound’s Wind(ヴァイオリンとエレクトーン)コンサートを開催(参加費無料)

ギャラリーセージ

[mappress mapid=”26″]

「2016宮崎国際現代彫刻・空港展」のご案内

6/5(日)~6/19(日)

宮崎ブーゲンビリア空港 1階オアシス広場

20160525

国内内外から多数の現代彫刻家が出品されます。鹿児島からは通畠義信氏も毎回参加されています。
是非、多くの方にご覧いただきたいです。
私も今年は久しぶりに観に行けそうで、楽しみです。

昨年の作品展の模様はこちらhttp://miyazakisculptureexhibition.web.fc2.com/2015airport-allsculptures1.html

「宮崎の現代彫刻展」webサイトはこちらhttp://miyazakisculptureexhibition.web.fc2.com/

 

山元 悦子 絵画展 -ふりゆくものはー

5月13日(金)~5月31日(火)

営業時間:11:00〜17:30
 定休日:水・木 (※企画展期間中は木のみ)
ギャラリーセージにて

20160508

流れるようで、飛び去っていく毎日が自分の制作の糧となっています。
有形無形の変容の色を重ねて描き続けています。
光や植物、人物をテーマにした水彩・油彩 約15点を展示します。
ギャラリーセージのホームページより転載

ギャラリーセージ:http://www.gallerysage.jp/

〒890-0041 鹿児島市城西2丁目10-22(城西中学校体育館近く)
TEL:099-210-5802

[mappress mapid=”24″]

『馬場 明成 作陶展 -七然窯器展- 』

2016.3.18(金)~3.29(火) 休館日:木曜日
11:00~17:30 (最終日16:00)

ギャラリートーク:21日15時~
img001

ギャラリーセージにて

TEL:099-210-5802
駐車場3台有
城西中西門裏
環境未来館近く

[mappress mapid=”23″]

「雛もいる手仕事展」今日から開催です。

「雛もいる手仕事展」が、今日から[ギャラリーときどき]で開催です。
午前中2時間ほど見ている間に、次々売れていましたよ。

参加者の作品を少しだけピックアップしてご紹介します。
まずは、案内状には記載されていなかった、(遅れてきた参加者)下津眞治子さんの布やニットの小物。
G-DSC03371ユニークな表情のパグやテディベア、布のコサージュは、通畠朋子さん。

G-DSC03351G-DSC03355

 

 

 

自家製の「バラの幸せポプリ」は、上ノ原杏さん。G-DSC03356

こちらの人形たちも、かなりユニーク。品田心さん。
G-DSC03348
G-DSC03336

革のバッグ、ルームシューズは山田利喜子さん。(この白いバッグは朝一番に売れました。)
G-DSC03330G-DSC03334

陶器のランプは特別参加、(故)山田利矢さん。
akari02カラフルな鍋敷きは、私のパッチワークです。
g-tokidoki06

写真のほかにも革の雛飾りや陶器のお雛さま、パッチワークのなべつかみ、猫のイラストレーション、革のルームシューズ数足などなど、写真がうまく撮れなくて割愛いたしました。
「雛もいる手仕事展」は2月28日まで開催です。
どうぞご覧ください。

我が家de個展 ギャラリーときどき
鹿児島市薬師2-16-18
TEL:099-255-5575

[mappress mapid=”22″]

『猫展』-平面と立体-開催のお知らせ

2016年2月17日(水)~2月28日(日)
am11:00~pm6:00
会期中無休(最終日5:00)

27人の作家たちによる「猫」にちなんだ展覧会です。
当サイトでご紹介しています、通畠義信さん、TOMOKO・T・TORIBATTAさん、山田利喜子さんが出品致します。是非ご覧ください。

img005

《2月22日は、「猫の日」》
この日にちなみ猫をモチーフとした作品を集め「猫展」を開催いたします。
可愛らしい猫、凛とした猫など作家の愛情こもった猫たちが皆様をお待ちしております。
(案内状より転載)

ギャラリー白樺にて
鹿児島市泉町14-9
TEL/099-226-4518

 

「雛もいる手仕事展」開催のお知らせ

2016年2月19日(金)~2月29日(月)

11:00am~5:30pm

img004

『我が家で個展 ギャラリーときどき』の3回目の展示会が開催されます。
今回は『ギャラリーときどき』オーナーの呼びかけで集まった者たちのグループ展になります。
ハガキに掲載されているのは特別参加の故山田利矢さんを含め6人ですが、オーナーによるとハガキ作成後に一人追加参加があったとか。
素材は布、革、ポプリ、陶器など。小物中心の展示会になりそうです。
オーナー曰く、「珈琲店変わりにお気軽にどうぞ!期間限定オープンの自宅ギャラリーです。」とのこと。
皆さまのご来場をお待ちしています。

我が家de個展
ギャラリーときどき

鹿児島市薬師2-16-18
TEL:099-255-5575

[mappress mapid=”19″]

「宮下 昭二 油彩画展」のご案内

-癒しの風景画展-
2016.2.12.(金)~2.23(火)
11:00~17:30(最終日16:00 ※木曜日は休館)

20160208-min

小さい頃、魚釣りやどんぐりを拾った川や山。年を重ねるごとにとても懐かしく愛おしく感じるようになり、その風景を描くようになりました。現実と空想の狭間にある世界観を絵の中に感じて頂ければ幸いです。独特のタッチをお楽しみください。 (案内状より転載)

 ギャラリーセージにて
TEL:099-210-5802

[mappress mapid=”20″]

「珈琲のある風景」エッセイコンテスト2016の募集要項

「珈琲のある風景」エッセイコンテスト2016の募集要項を作成しました。
「珈琲のある風景」エッセイコンテストは、薩摩川内市にある自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」が毎年開催しているイベントです。
今年でもう8回目になります。

essay2016

募集要項のpdfファイルは、こちらからダウンロードできます。→pdfファイルessay2016

1月1日から作品募集をしており、募集要項がアップされるのを待っていらしゃる方も多いのですが、1月半ばになってしまい申し訳ないです。
募集期間は4月30日まで。たくさんのご応募をお待ちしています。

珈琲倶楽部船倉のウェブサイトはこちら→「珈琲倶楽部船倉」
エッセイコンテストのページはこちらから→第7回エッセイコンテスト