• HOME
  • >
  • 読書
  • >
  • ノンフィクション
  • >
  • 「宇宙は何でできているのか」/村山 斉と「ルバイヤート」
  • 「宇宙は何でできているのか」/村山 斉と「ルバイヤート」

    村山 斉/幻冬舎新書
    2010年9月発行

    これまで、「万物は原子でできている」という考えが常識とされてきましたが、2003年に「原子以外のもの」が、宇宙の約96%以上を占めていることが分かったそうです。

    宇宙のエネルギー

    • 星と銀河        0.5%
    • ニュートリノ       0.1~1.5%
    • 普通の物質(原子)  4.4%
    • 暗黒物質        23%
    • 暗黒エネルギー    73%
    • 反物質         0%
    • 暗黒場(ヒグス)   10%??
    • 『宇宙は何でできているのか』 p44図6参照

    では、「原子以外のもの」の大半を占める、「暗黒エネルギー」とは?「暗黒物質(ダークマダー)」とは?いったいどんなものか。
    それはまだ名前しかついていない正体不明のもの。でも「ある」ということは分かっているそうです。
    宇宙は、不思議がいっぱい、まだまだ謎だらけ。

    2014-09-07-01.58まあ、「地球が秒速30㎞という猛スピードで公転している」ということすら知らなかった無知な私ですから、この1冊で宇宙を理解しようなんて土台無理な話ですが、謎解きの過程を垣間見る楽しさを味わえました。

    「宇宙は、どうやって始まったのだろう?
    遠くに見える星は、何でできているのだろう?
    どうして、自分たちはこの宇宙にいるのだろう?
    宇宙はこれからどうなっていくのだろう?」
    という素朴な疑問に挑み続ける科学者たちによって、素粒子の法則から宇宙の構造まで、謎は少しずつ、時には飛躍的に解き明かされ、壮大な宇宙マップが作成され続けていることが、本書を読んで分かります。

    2014-09-07-13.28そういえば、文部科学省の「科学技術週間」サイト「一家に1枚」というコンテンツがあります。ここに「宇宙図」のポスターがpdfファイルで提供されています。
    私の持っているものは2007年版なのですが、現在は2013年版。ちゃんと更新されているんですねえ。

    「一家に1枚」http://stw.mext.go.jp/series.html

    宇宙図以外にも「たんぱく質」「鉱物」「太陽」「磁場と超伝導」「未来をつくるプラズママップ」「天体望遠鏡400年」「光マップ」「 ヒトゲノムマップ」「元素周期表」等があります。中高生のお子さんのいらっしゃるご家庭に、「一家に一枚」はおすすめです。

    さて、本書を読んで、11世紀ペルシアの詩人、ウマル・ハイヤームの詩を思い出しました。若い頃、ノートにいくつか抜き書きしていたものです。その中の2節をメモしておきます。

    『ルバイヤート』

    ウマル・ハイヤーム

    われらが来たり行ったりするこの世の中、
    それはおしまいもなし、はじめもなかった。
    答えようとて誰にはっきり答えられよう――
    われらはどこから来てどこへ行くやら?

    来ては行くだけでなんの甲斐があろう?
    この玉の緒の切れ目はいったいどこであろう?
    罪もなく輪廻の環の中につながれ、
    身を燃やして灰となる煙はどこであろう?

     追記

    ああるさんのコメントに返信していて、「Mitaka(ミタカ)」のことを思い出しましたので、ここにもメモしておきます。
    「Mitaka」は、「国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(http://4d2u.nao.ac.jp/)」が提供するフリーソフトです。
    自分のPC上で、「地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、宇宙の様々な構造や天体の位置を見る」ことができます。
    容量が大きいソフトなので少々注意が必要かも・・・

    ダウンロードはこちらから→http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/

    コメントはこちらから

    お名前は必須項目です。

    CAPTCHA


    画像を添付できます(JPEGだけ)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    2 thoughts on “「宇宙は何でできているのか」/村山 斉と「ルバイヤート」

    1. あある

      宇宙図!すごいものをお持ちだったのね。200%ぐらいに拡大しないとちゃんと読めそうにない。ということはどうやって印刷する?
      ルバイヤートって、何かの本の巻頭にあったり、引用されてたり、そういうものしか読んだこと無い。ので、何かのはずみに思い出すことは無い。昔から、どこから来てどこへ、と、いうテーマに関心があったatconさんなのですね。

      返信
      1. atcon 投稿作成者

        私の持っている宇宙図は、「一家に一枚」と同じものですが、A2サイズのポスターになっているものです。
        数年前マルヤガーデンズに行った時、偶々宇宙科学関係のセミナーが催されていて、フラッと入ってお土産にポスターを貰いました。セミナーでは、「国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(http://4d2u.nao.ac.jp/)」が提供するソフトウェア「ミタカ」も見せてもらったのですけど、これがすごいソフトで、「地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることができます。」っていうものです。家に帰って早速ソフトをダウンロードして自分のPCにインストールして見てみましたよ。
        ただ、当時の私のPCには重過ぎるソフトだったので、結局はアンインストールしちゃったのだけど。
        興味があったら一度ご覧あれ。
        http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/

        返信