• HOME
  • >
  • 読書
  • >
  • ノンフィクション
  • >
  • 「僕の人生には事件が起きない/岩井勇気」幸せというハンデ
  • 「僕の人生には事件が起きない/岩井勇気」幸せというハンデ

    「僕の人生には事件が起きない」

    著者:岩井勇気
    発行:2019年/新潮社


    昨年の小晦日には米粒写経・サンキュータツオさんの「もっとヘンな論文」で締めくくりましたが、2021年の始まりもお笑い芸人繋がりで、ハライチ・岩井勇気さんの「僕の人生には事件が起きない」を紹介したいと思います。

    岩井勇気さんといえば、ハライチの澤部”じゃない方”という認知のされかたで、腐れ芸人とも呼ばれる。漫才については、正直言って印象に残っていないのだけど、「マジ歌選手権」では、かなり毒のある替え歌が面白い人。というのが私の持っている知識の全てです。

    本書を読むと岩井勇気さんは、

    • 都会でも田舎でもない埼玉出身。
    • 実家は多少貧しい時期もあったけど、自慢できるほどの貧乏はない。
    • 中高生時代、いじめられたこともなければ特にクラスの人気者でもなかった。
    • 芸人になって3年程度でテレビに呼ばれるようになり、下積みの苦労がない。
    • 30歳になるまで実家住まいで、家族仲もよい。
    • 実家を出て一人暮しを始めて現在に至るまで特に苦労はなく、アニメやアート鑑賞や音楽や料理など趣味を楽しんでいる。

    一般人であれば、いい家族の元に育ち苦労なく社会生活を送り好きなこともできて幸せな人生と言えるけど、芸人としては面白い話や波乱万丈の苦労話もなく、バラエティ番組などにおいて語るべきエピソードがない。
    不幸要素がないことは芸人にとってハンデとなる場合もあるようです。

    しかし、岩井勇気さんは何もない人生に事件が起こることを望むわけでなく、話を盛ることもない。「普通に生活している日常を面白がる」という才能を開花させ、今では「ハライチの”じゃない方”が面白い」と評価されるまでになっています。

    そいうわけで、本書「僕の人生には事件が起きない」は、ほんとに何でもない日常のささいなことを書き連ねているエッセイです。
    いやいやホントにどーでもいい話ばかりなのですが、それが、ちょっとだけ面白い。
    「ルイ・ヴィトンの7階にいる白いペンギンを見張る人」とか、「通販の段ボールを切り刻んで感じた後味の悪さ」とか、私は好きなエピソードでした。





    コメントはこちらから

    お名前は必須項目です。

    CAPTCHA


    画像を添付できます(JPEGだけ)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください