• HOME
  • >
  • 読書
  • >
  • フィクション
  • >
  • 「ここがウィネトカなら、きみはジュデイ」大森望編
  • 「ここがウィネトカなら、きみはジュデイ」大森望編

    kokoga出版社: 早川書房 (2010/9/22)
    内容(Amazon.co.jp「BOOK」データベースより)

    男はいつもと違う色の天井の下で目覚めた。ここはウィネトカか?それとも…。人生を飛び飛びに生きる男女の奇妙な愛を描いた、SF史上に残る恋愛時間SFの表題作。ヒューゴー賞/ネビュラ賞/星雲賞の三冠を獲得した、テッド・チャンのアラビアン・ナイトとハードSFを融合させた書籍初収録作、時間に囚われた究極の愛の形を描いたプリーストの名作ほか、永遠の叙情を残す傑作全13篇を収めた時間SFのショウケース。

    『ここがウィネトカなら、きみはジュデイ』、謎めいたタイトルに惹かれました。
    時間をテーマにした、13人の作家によるバラエティに富んだ短編集です。

    過去の自分に会ったり、未来に飛んだり、人生を13歳からやり直したり、時間が伸びたり縮んだり、時間のループに永遠に閉じ込められたり。
    「科学的根拠のない、現実にはありえない空想物語」と言いたいところだけど、でもまあ、考えてみると時間について私はどれだけ知っているだろう。
    本当に時間は過去から未来に連続する一本のラインとして存在するのか。
    それとも分岐された無数の別時間、パラレルワールドが存在するのか。
    今この瞬間以外の時間が、どこかに保存されていたりしないだろうか。
    そもそも何故時間というものがあるのか。
    誰か教えてください、時間の正体を。

    「竹取物語」の時代、月に帰る姫の話は荒唐無稽な空想物語に過ぎなかったはず。だけど、20世紀には本当に人が月に行ってきました。
    人類が火星に移住するという計画も今はちょっと突飛な話に聞こえるけれど、そのうち銀河系が通勤圏内になるかもしれない。
    幻想や妄想や空想が混然とした「世にも奇妙な物語」に思える゛時間SF”も、いつか時間の正体が解き明かされ、科学的根拠に裏付けられる時がくるかも知れません。
    遠い遠い未来には、もしかしたら、人生を好きな年齢からやり直すことができるかも、なんて。

    コメントはこちらから

    お名前は必須項目です。

    CAPTCHA


    画像を添付できます(JPEGだけ)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    2 thoughts on “「ここがウィネトカなら、きみはジュデイ」大森望編

    1. atcon 投稿作成者

      「銃・病原菌・鉄」をアマゾンでチェックしてみました。ピュリッツァー賞受賞作品なのですね。実をいうとピュリッツァー賞に文学賞もあるなんて知りませんでした。面白そうだけど、確かに一気読みは無理そう。いつかは読んでみたい。

      返信
    2. あある

      目の前のコンビニでお金を下ろした。生活費である、のに、○タヤとつながっているのさ、5冊も文庫本買ってしまった。
      三上延「ビブリア古書堂の事件簿3」三浦しをん「むかしのはなし」イタロ・カルヴィーノ「レ・コスミコムケ」日明恩「ロード&ゴー」そして、大森望編「ここがウィネトカなら、きみはジュディ」です。
      ちなみに、「銃・病原菌・鉄」というとても面白いけれどドライアイほかの事情によりチビチビとしか読み進められない文庫が只今上巻半分まで進んでいる。

      返信