「第13回いずみものづくり8人展」のこと

「第13回いずみものづくり8人展」
会期:12月2日(日)まで

出水市在住の『ものづくりたち8人による展示会です。
当サイトでご紹介しています鉄の彫刻家通畠義信氏、銅版画だけでなくいろんな素材を混合して(ミクストメディア)作品を創りだすTOMOKO・T・TORIBATTAさんも、毎回参加されています。
陶芸・織・染め・編み物・
木工・彫刻など、多種多彩な作品が展示されていて、販売もしています。
場 所:「東雲の里あじさい園」
入場料:12月9日まで「もみじ祭り」開催中に付き、入場料500円。


 

「東雲の里あじさい園」とは、「鹿児島県観光サイト/かごしまの旅」サイトによると

四季折々の花や木々を楽しめる
約4万坪の敷地には、沢が流れ、上流には「東雲の滝」、自然の地形を活かした遊歩道や展望台がある日本最大級のあじさい峡。春は桜、夏は紫陽花、秋は紅葉など四季折々の花や木々などが楽しめます。鹿児島県観光サイト/かごしまの旅」サイト

だそうです。

いままさに紅葉が見ごろですね。紅葉とアートを楽しむ一日を過ごしてみたいものです。

ところで、「東雲」をシノノメとすんなり読めたあなたはかなりの漢字力。
難読漢字としてクイズ番組に出題されるレベルの読み方ですね。
昔古典の授業で習ったはずだけど、もうすっかり忘れていました。

東雲は、「日本の古語で闇から光へと移行する夜明け前に茜色にそまる空を意味する。(ウィキペディアから)」そうです。たった2文字から美しく壮大なロケーションが目に浮かんできます。

第9回 1000の小箱展 (2018年)

宮城県大崎市の「感覚ミュージアム」が開催する、「第9回 1000の小箱展 (2018年)」に、当サイトでご紹介しています「銅版画」TOMOKO・T・TORIBATTAさんの作品が展示されています。
出品作品は「TOMOKO・T・TORIBATTA」のギャラリーにアップしましたので、是非ご覧ください。

主催する「感覚ミュージアム」とは、視覚・聴覚・嗅覚・触覚といった、”感覚”をテーマとする、日本で初めてのミュージアムだそうです。
来館者も鑑賞するだけでなく、五感をつかった感覚体験ができる仕掛けになっているようです。
「1000の小箱展」は、一つ一つの作品が約1000個の小さな引き出しに収められ、来館者が引出しを一つ一つ開けて作品と対面する仕掛けですね。

自分の机以外の引出しを開けるって、ちょっとワクワクしますね。

感覚ミュージアム

〒989-6434
宮城県大崎市岩出山字100

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

第29回 2018宮崎国際現代彫刻・空港展のご案内

2018 宮崎国際現代彫刻・空港展

平成30年9月2日(日)~9月17日(月・祝)(最終日は15時まで)
会場:宮崎ブーゲンビリア空港 1階 オアシス広場

当サイトでご紹介しています、通畠義信氏が毎年参加されています。
「鉄のオブジェ」YOSHINOBU TORIBATTA

宮崎県内を中心とした全国、海外の彫刻家グループによる国際彫刻展です。
国内から45名、海外から7ヶ国13名、合計58名の
彫刻作品が一堂に並びます!

彫刻といっても、木や石、鉄やガラスなど多様な素材を用いた
具象・抽象彫刻など様々な作品です。
会場では、一部の作品には触れることができます。
実際に触れてみて素材の違いを手触りで体感してみませんか?

彫刻といっても、木や石、鉄やガラスなど多様な素材を用いた
具象・抽象彫刻など様々な作品です。
会場では、一部の作品には触れることができます。
実際に触れてみて素材の違いを手触りで体感してみませんか?

宮崎ブーゲンビリア空港のサイトから引用

「宮崎ブーゲンビリア空港」は、いかにも南国っぽい名前がインパクトありますね。
「宮崎ブーゲンビリア空港」のサイトには、こんな面白動画もアップされています。
ついでにこちらもご紹介します。

「驚きI!滑走路で踊ってみた 現役空港スタッフ 踊る宮崎ブーゲンビリア空港」

YouTube Preview Image

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

ー通畠義信・朋子「まがり角の二人」展ー観てきました!

12月1日から開催していました、通畠義信・朋子「まがり角の二人」展を観に行ってきました。と言っても、観に行けたのは終了日間際の11日。
諸事情でなかなか時間が思うようにならない今日この頃です。もっと早くブログにアップしたかったのだけど、あれから2週間も経ってしまいました。
クリスマスも過ぎ、今は来年に向けての最終助走中です。
今年のうちに画像だけでもアップしておきたい。

今回の二人展も前回と印象の異なる作品がいくつもありました。停滞することなくいつも新しい作品を創り続けているお二人の日々が感じられました。

前回の「二人展」はこちらをご覧ください。「通畠義信・朋子二人展ー彫刻と絵ー」行ってきました!


第72回南日本美術展空間造形部門優秀作品「ハエの家 2017-収束の刻-」より


←左「Chalynien チャリニアン」

上↑「Nyamp ニャンプ」上↑「Nyailien ニャイリアン」

左←「花咲く鳥」

上↑「Mermaid hunter」

上↑「水の在処」

左←「Last mermaid」

上↑「スフィンクスの谷」

 

 

左、下、キャンドルシリーズ 

 

 

「きよしこの夜」-ラファエロ聖母像より-

「12月の孤島」-モン・サン・ミシェル-

「沈黙」

「海の星」

「魚に飲み込まれた男」

「セイレンの歌声」

「星屑」

「海の怪獣」-ピエロ・ディ・コシモの絵より-

通畠義信さんのギャラリーはこちらから

通畠朋子さんのギャラリーはこちらから 「銅版画」TOMOKO・T・TORIBATTA

 

ー通畠義信・朋子「まがり角の二人」展ー開催のお知らせ

2017.12.1(金)-12(火)

(休館日:木曜日) 11:00-17:30 最終日16:00
ギャラリーセージにて

今月、南日本美術展にて海童賞:空間造形部門優秀賞を受賞された通畠義信さんと、9月に西脇市サムホール大賞展受賞作家展を開催した通畠朋子さん。お二人の「二人展」が開催されます。
展覧会のテーマが「まがり角の二人」というのは、何だか意味深ですね。
案内状によると

60歳を過ぎて新たな方向性を模索して行くという意図と様子を「まがり角」と呼ぶとして、そのひとつの契機としての展覧会になればと思います。

とのこと。
どんな作品が見られるか、楽しみです。

ギャラリートーク:12月3日(日)15時から

ギャラリーセージ:〒890-0041鹿児島市城西2丁目10-22(城西中学校体育館近く)
TEL:099-210-5802
営業時間
11:00 ~ 17:30      
水・木曜は定休日
( ※企画展中は木曜のみ)

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換